井上尚弥に敗北、トップランク社CEOはマロニーも評価

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。試合後、井上が契約する米興行大手・トップランク社CEOは井上だけでなく、挑戦者も評価した。

 井上は序盤からキレのある動きで主導権を握った。時折、被弾する場面もあったが、マロニーを翻弄。6回にカウンターの強烈な左フックでダウンを奪うと、7回にもカウンターで右ストレート一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができず。中盤では接近戦に出ていたが、モンスターには及ばなかった。

 米スポーツ専門局「ESPN」は、トップランク社でCEOを務めるボブ・アラム氏のコメントを紹介。「イノウエを『スペシャルなファイター』と呼んだ」とモンスターを称賛しながら、こう続けている。

「私は長い間、彼のような若いファイターを見たことがない。そしてジェイソン・マロニーの勇敢さも評価する。彼は最善を尽くした」

 実力を示した王者のみならず、果敢に攻めた挑戦者にも言葉を送った。試合後には自身のツイッターでも井上を称賛したアラム氏。今後のプロモートにも注目が集まる。(THE ANSWER編集部)