WBSS王者の井上へ、カレ&ニッセのザワーランド兄弟が試合後にツイート

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦で優勝して以来の試合でバンタム級世界一の強さを発揮し、かねてから強さを認めていたWBSS主催者も絶賛している。

 世界最強決定トーナメント、WBSS王者の名に恥じない戦いぶりだった。井上は6回に初めてダウンを奪うと、7回終了間際にカウンターで鮮烈な右ストレートを一閃。挑戦者マロニーの番狂わせの野望をあっさりと打ち砕いた。この勝利に反応したのが、WBSSで共同プロモーターを務めるカレ&ニッセのザワーランド兄弟だった。

 兄弟共同アカウントで試合後にツイート。「再び、WBSSのチャンプであるナオヤ・イノウエは、なぜ彼がこの惑星でPFP最大級のパンチャーなのかを示しました」と絶賛。一方で「ジェイソン・マロニーは学び、より強くなって戻ってくるでしょう。彼はトップクラスの選手です」と奮闘した挑戦者についての敬意も忘れなかった。

 井上はWBSS1回戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を70秒で、準決勝はエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒でそれぞれKO。圧倒的な強さを見せつけ、決勝はドネアとの血染めの12ラウンド死闘で判定勝ち。バンタム級王者に輝き、その強さについて兄のカレ氏は「惑星一のパンチャー」などと絶賛し、惚れ込んでいた。それだけに、WBSS王者としてボクシングの本場で強さを示したことが誇らしかったようだ。(THE ANSWER編集部)