公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏の連載、今回は「海外スポーツ栄養オンライン講習会レポート」

 Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が「THE ANSWER」でお届けする連載。通常は食や栄養に対して敏感な読者向けに、世界のスポーツ界の食や栄養のトレンドなど、第一線で活躍する橋本氏ならではの情報を発信する。今回は「海外スポーツ栄養オンライン講習会レポート」。

 ◇ ◇ ◇

 10月、スポーツ栄養に関わる世界各国のスペシャリストによるオンライン講習会「World wide Nutrition Conference」に参加。なかでも、運動代謝の権威、イギリス・ラルバラー大学のアスカー・ユーケンドロップ教授による、スポーツ栄養の歴史と未来についての話は、非常に興味深いものでした。

 学問としてのスポーツ栄養学が確立されたのは最近ですが、スポーツと栄養が密接に関係することは紀元前からわかっていたとされています。

 ユーケンドロップ教授の話で特に面白かったのは、「古代ギリシャ人のアスリートは何を食べていたのか?」についてです。当時のアスリートは、雄牛の血を飲み、睾丸を食べることがよいと考えられていたとのこと。そして、古代オリンピックのレスリング競技で、6連覇を果たしたといわれるクロトンのミロ(紀元前6世紀頃)は、1日9kgの肉、9kgのパン、8.5リットルのワインを飲み、子牛を肩に担いで今でいう筋力トレーニングをして鍛えていたという記録が残っているそうです。

 持久系スポーツでは、古代ギリシャの軍隊に所属していたメッセンジャーの食事が興味深いものでした。国をまたいで伝令を運んでいた彼らは、現代スポーツでいう長距離ランナー。任務の際は、フィグ(いちじく)、オリーブ、干し肉、はちみつとゴマをペースト状にしたものを携帯していたそうです。

 メッセンジャーの食材を一つひとつみていくと、エネルギー源となる糖質と、筋肉のダメージを修復するタンパク質、そしてビタミンやミネラルも豊富です。彼らがそれを選んだのは、栄養を知ってのことか経験値からなのかはわかりませんが、携帯に便利でかつ効率のよい食材ばかりで素晴らしいなと思いました。また、エネルギー源にナゼいちじくを選んだのかと調べたところ、古代ギリシャでは大変、栄養価が高いものとして捉えられていたそう。アスリートたちの間では、筋肉量を増やしスタミナを維持するのに有効だと考えられていたため、主食代わりに食べていたようです。

 講義は続いて、スポーツ科学の観点から、今後、どんなことが注目されるのかという内容に移りました。

 ユーケンドロップ教授が挙げたキーワードは3つ。「Nutrition training(栄養とトレーニングの統合)」「Real food not nutrients(栄養素ではなく食べ物で)」そして「Personalized nutrition(個別栄養)」です。

3つ挙がったキーワード、その意味とは…

「Nutrition training」とは、言葉通り「栄養とトレーニング」を統合したトレーニング計画のことです。アスリートたちは皆、シーズン単位でトレーニング計画を立てて、実行しています。その際、必ず栄養の摂り方もセットで考えて計画を立てていくことが、今後ますます重要視されるであろうと予測しています。

 次に「Real food not nutrients」。アスリートも栄養のほとんどを、サプリメントではなく食べ物から摂っています。これまでは特定の栄養素のみを取り出した研究が主でしたが、今後は食べ物そのものにフォーカスした研究が進むのではないか、とのことです。

 現に、例えば、サイクリングの選手を対象に、水か市販のゼリー飲料、じゃがいものピューレを摂取させて、体内での糖質の利用と運動パフォーマンスへの影響を調べるなど、食べ物がアスリートにどう影響するのかの研究が行われています。

 特定の栄養素を使った短期間の研究結果は、アスリートの実生活とは異なります。本来のあるべき方向に向かっているのではないか、と教授は述べていました。

 最後の「Personalized nutrition」は、個々にあった食事の指導の重要性です。人の体は一人ひとり異なります。トレーニングと同様、最大限の成果を出すためには、やはり個々にあった栄養サポートが必要になるであろう、ということです。

 サプリメントではなく食べ物をどういうタイミングでどのように摂るかが注目され、食事もトレーニングの一環である、と重要視される。このことから私個人が感じたのは、世界的にサプリメントの市場が拡大する一方、海外のスポーツ関係者やアスリートの間では、より自然で環境や体にやさしい食品を求める傾向が強くなっているのではないかということです。

 そして、パーソナライズされたスポーツ栄養の必要性は、現場に立つスポーツ栄養士は皆、感じていると思います。

 現在、年間スケジュールに合わせた食事計画を立て、継続的にサポートを受けているトップアスリートも増えてきました。しかし、栄養サポートを取り入れることは時間もコストもかかるため、一部の恵まれた環境の人に限るのが現状です。

 今後、一人でも多くのアスリートたちが、自分の体にあったトレーニングと食事を実行するためには、食事の摂り方、選び方、作り方、飲料の飲み方はもちろん、寮や食堂のメニュー調整、選手のご家族へのサポ―トなど、多様なニーズに応えていかなければなりません。

 そのためには、監督、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ等と選手の情報を共有することがこれまで以上に重要となると考えています。(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。