サンタ・クルスに衝撃KO勝ちのデービスに米メディアが注目

 ボクシングのWBA世界ライト&スーパーフェザー級タイトルマッチが10月31日(日本時間1日)に米サンアントニオで行われ、ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)がスーパーフェザー級王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)に6回2分40秒KOで勝利した。元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)の愛弟子としても知られるデービスだが、米メディアはその“育成方針”に異議を唱えているようだ。

“50戦無敗の男”の秘蔵っ子が衝撃KOを演じた。6回、デービスはサンタ・クルスをロープ際に追い詰める。相手の動きを見極めて、顎に目掛けて強烈な左アッパーを一閃。4階級制覇の実力者は意識が飛んだかのようにマットに伏した。

 スーパーフェザー級の契約体重58.9キロ以下で行われ、両者とも前日計量をクリアしたこの試合。ボクシングファンも大いに沸いたKO劇となったが、米専門メディア「ボクシングニュース24」は「メイウェザー、タンク・デービスは“勝者”と発言」との見出しで記事を掲載。デービスの“育成方針”について異議を唱えている。

 記事では、メイウェザーがデービスを「勝者」と称したことに注目。この試合は米スポーツチャンネル「ショータイム」のペイ・パー・ビュー(PPV)で放送されたが、相手が大物サンタ・クルスでなければ通常の放送で戦ったであろうと指摘。また、WBA同級スーパー王者にはテオフィモ・ロペスがいることなどから、「(デービスはまだ)二流の王者だ」などと表現している。

 同メディアは、デービスをプロモートするメイウェザーが「俺と同じことができるように、彼(デービス)を同じ場所に置く。戦いたいときに戦い、戦いたい相手と戦う」と話したことにも注目。メイウェザーの方針が続けば今後のキャリアのためにならない可能性があるともしている。

全盛期過ぎた相手との対戦が多いことを指摘「真の勝者になるには…」

 記事では「タンクが偽物ではなく真の“勝者”になるためには、130ポンド(スーパーフェザー級)と135ポンド(ライト級)のベストと戦う必要がある。もしメイウェザーがこれまでのように全盛期を過ぎた相手を選ぶのであれば、彼のキャリアの妨げになるだろう」と指摘している。

 デービスはここ2戦、サンタ・クルス、ユリオルキス・ガンボアというビッグネームと戦い、24連勝(23KO)をマークしているが、ピークを過ぎた相手との対戦が多いことに同メディアは言及。デービスが真の“勝者”になるためには、以下11人のボクサーらと戦うべきだとしている。

【スーパーフェザー級】
ミゲル・ベルチェル
オスカル・バルデス
ジャメル・ヘリング
シャクール・スティーブンソン
レネ・アルバラード
ジョセフ・ディアス

【ライト級】
テオフィモ・ロペス
ワシル・ロマチェンコ
ライアン・ガルシア
デビン・ヘイニー
ルーク・キャンベル

 サンタ・クルスを破り、WBAライト級は初防衛に成功。WBA世界スーパーフェザー級との2階級同時王者となったデービス。今後は更なる強者と対峙することが期待されている。(THE ANSWER編集部)