15歳ジャン・クエン・アイザックスを五輪専門メディアが特集

 フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)に尊敬の念を抱き、2022年の北京五輪を目指す南アフリカの女子選手がいる。ジャン・クエン・アイザックス。「私も彼のように氷の上で自由に動き回りたい」などと語っている15歳を、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」が特集している。

 羽生は海外の若いスケーターにとっても憧れの存在のようだ。同メディアはアイザックスについて「ユヅル・ハニュウから刺激を受けている15歳は、南アフリカの選手として1998年以来の五輪出場に期待がかかる」とサブタイトルを付けて特集記事を掲載している。

 アイザックスは2017年にハンガリー・ブダペストで開催されたサンタクロース杯の女子ベーシックノービス部門で優勝。2018-19シーズンには母国代表としてジュニアグランプリシリーズにも出場した実力者だ。

 記事では「アイザックスは五輪連覇を果たした日本のユヅル・ハニュウを目標として、熱心に勉強している。彼のエレメンツやルーティンを取り入れているのだ」と説明。15歳は羽生への敬意をこう語ったという。

羽生の「ベストを尽くそうとする姿勢」に敬意

「この競技には多くの素晴らしい選手がいます。でも、その中で私が最も尊敬しているのがハニュウです。彼の競技に懸ける気持ち、情熱は本当に刺激になっています。私も彼のように氷の上で自由に動き回りたいです。それはアメージングなことなんです」

 16年から18年まで、カナダで羽生と同じリンクで練習した経験もあるというアイザックス。「氷上に立った彼の全てのことに刺激を受けます。ベストを尽くそうとするその決意は見ていて本当にアメージングです。ただただファンタスティックでした」と羽生の姿勢や技術に対する驚きを語っている。

 南アフリカの選手として初めての4回転ジャンプ成功を目指している。羽生の姿からも学び続け、フィギュア女子選手では同国24年ぶりの五輪出場を果たすつもりだ。(THE ANSWER編集部)