日本人投手ではダルビッシュと前田健太が最終候補入り

 米大リーグ、サイ・ヤング賞の受賞者が11日(日本時間12日)に発表される。日本人投手ではナ・リーグでダルビッシュ有投手(カブス)、ア・リーグで前田健太投手(ツインズ)が最終候補に名を連ねているが、発表前日にMLBは公式サイトで今季の評価を掲載。ダルビッシュと前田についてもそれぞれ寸評をつけている。

 MLBは10日(同11日)、「サイ・ヤング賞ファイナリストたちの、それぞれの状況」と見出しを打った記事を公式サイトに掲載。各リーグ3名、計6名の最終候補者の今季について振り返っている。

 ダルビッシュはMLBで日本人初の最多勝となる8勝(3敗)、リーグ2位の防御率2.01、同4位の奪三振93をマーク。記事では2019年後半から「彼のエースとしてのレベルが上がった」としている。

 昨季後半から、今季終了までの通算成績は157回2/3を投げて防御率2.40、奪三振211、与四球21。MLBは「奪三振率から与四球率を引いた数字は31.2%になるが、これはリーグ1位、メジャー全体では2位の数字である」と注目している。

 今季に限定しても「1つの四球を出すまでの奪三振の割合は6.64で、バウアーの5.88やデグロムの5.78を上回る」とライバルを上回る数値を誇っていると紹介。昨季途中から素晴らしい投球をしているが、「しかしサイ・ヤング賞は2シーズンの成績ではなく、1シーズンのみの数字を考慮した賞なのである」ともつづっている。

ア・リーグはビーバー大本命、ダルビッシュはバウアーとの争いか

 一方、前田は今季6勝(1敗)、防御率2.70、奪三振80。8月のツインズ戦では9回先頭打者に安打を許すまでノーヒット投球を見せた。今季ドジャースから移籍した右腕について、記事では「マエダは短縮シーズンの中でツインズが期待した効率的で一貫性のある投球をした」と評価している。

 1イニングあたり何人の走者を出したかを表す指標「WHIP」で前田は0.75をマーク。MLBによると、これは1900年以降ではペドロ・マルティネスが2000年に残した0.74に次ぐ歴代2位の数字だという。

 また、MLBは「マエダはビーバーのように三振をどんどん奪うタイプではなく、打者を圧倒するタイプでもなかったが、ベースから離れるスライダーとチェンジアップを駆使して打者を抑えた。彼は全試合(11試合)最低でも5回を投げ、被安打は6本以内、失点も3失点以内に抑えた」と安定感ある投球を称賛している。

 最終候補に残るだけでも凄いが、前田のア・リーグでは8勝1敗、防御率1.63、奪三振122と投手3冠を達成したビーバー(インディアンス)が受賞の大本命。ナ・リーグは防御率1.73で1位、奪三振100で2位のバウアー(レッズ)とダルビッシュの争いになるとみられるが、日本人初の快挙なるか注目だ。(THE ANSWER編集部)