女子初の「4回転2本+3A」成功、本人は後半の転倒を反省

 フィギュアスケートのロシア杯第4戦は12日、ジュニア女子フリーで13歳ソフィア・アカチエワが151.32点をマークし、合計231.44点で優勝。2本の4回転ジャンプと3回転アクセルに成功し、女子史上初の快挙を達成した。自身はフリーの演技を振り返り「とても嬉しかった」と言いつつも、転倒した後半の悔しさも覗かせている。母国メディアが報じている。

 紫の衣装をまとった13歳の少女が歴史を作った。演技が始まれば、あどけなさとは無縁。冒頭で4回転―2回転の連続トウループに成功。2本目のジャンプでも高い4回転トウループを完璧に着氷。そして続けたのが3回転アクセルだ。何とかこらえきって成功させた。

 演技の前半だけで高難度ジャンプを3本連続で成功。ISU公認大会ではないが、1つのプログラムで4回転と3回転アクセルを跳ぶのは、アリサ・リウ(米国)に続き史上2人目。2本の4回転と3回転アクセルを跳ぶのは女子では史上初の快挙だった。

 2位に30点差以上つけて優勝した天才少女。歴史的な偉業に母国メディアでは賛辞が上がっていたが、本人も満足げに振り返っているようだ。

 ロシアメディア「Sport24」ではフリー後の本人のコメントを伝えている。「後半部分の滑りは良くなかったです。前半部分ですべての高難度のジャンプを成功させることができたのはとても嬉しい。前半部分に関してはたくさん練習を積みました。だから後半部分で、すべてがうまく行った訳ではなかったと思います」と転倒のあった後半には少し悔しさも覗かせていたが、素直に「嬉しい」と明かしている。

今後はサルコウやルッツなど新たな4回転ジャンプ取得に意欲

 続けて「前半部分が終わってほんのちょっと緩んでしまいました。何かほかのことを考えてしまって、いくつかミスをしてしまいました。緩んでしまったのは……難しいエレメンツがうまくいったのがとても嬉しかったのです。喜んでしまって、少し自分自身を解放してしまいました」ともコメント。嬉しさのあまり少し気持ちに緩みが出てしまったと素直に明かしている。

 史上初の偉業については「考えもしませんでした」と驚き、今後は新たな4回転ジャンプとしてサルコウやルッツ、フリップにも挑戦する意向を明かしている。

 年齢制限のため2022年の北京五輪には出場できないが、これからの成長が実に楽しみなスケーターだ。(THE ANSWER編集部)