井上尚弥に敗れたマロニーの弟が世界戦

 ボクシングの前WBA世界スーパーフライ級正規王者アンドリュー・マロニー(オーストラリア)は14日(日本時間15日)、同級タイトルマッチで王者ジョシュア・フランコ(米国)に挑戦したが、相手の負傷により無効試合となった。6月に判定負けし、王座奪取を許した相手とのダイレクトリマッチ。フランコの右目付近の負傷により、長い映像判定が行われた末に偶然のバッティングと判断された。

 初回にアクシデントが起きた。フランコが右目付近を負傷。ラウンド途中から顔が腫れあがり、視界がふさがれる状況となった。マロニーが手数を増やす中、2回途中にはドクターチェックで中断。3回途中に再び中断され、ドクターがフランコの視野を確認した末に続行できないと判断されて試合終了となった。

 偶然のバッティングなら決着がつかず、有効打ならマロニーの勝利という状況。20分を超える異例の長さのビデオ判定が行われ、結局は偶然のバッティングで無効試合とアナウンスされた。王座の移動はなく、マロニーは納得できないような表情だった。

 2週間前には、双子の兄・ジェイソンがWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に7回KO負けで王座奪取に失敗。弟が“リベンジ”を目指したが、マロニー一家にチャンピオンベルトを取り戻すことができなかった。(THE ANSWER編集部)