千葉決勝で流経大柏に延長1-0勝ち、主将「のどが潰れるくらいに叫んだ」

 どちらも譲らない一戦、鋭く強烈なピリオドが打たれた。第99回全国高校サッカー選手権の千葉県大会は15日にフクダ電子アリーナで決勝戦を行い、市立船橋が延長戦の末に1-0で流経大柏を破り、2年連続23回目の全国大会出場を決めた。

 スコアが動いたのは、延長戦後半。市立船橋がカウンターで攻め上がり、延長戦前半から途中出場したMF岩田夏澄(3年)が右からパスを受け、ペナルティーエリアのすぐ手前から豪快なミドルシュートをゴール左へ突き刺した。岩田は「ロングシュート、ミドルシュートは、自分の長所。交代で出場したときから、シュートは絶対に狙おうと思っていました。シュートは、ファーストタッチが命。左足で良い所に置けて、右足を振れたので、とても良い形でした」と勝負を決めた一発を振り返った。ゴールが決まって市立船橋のイレブンが喜ぶ中で、電光掲示板が示した時間は延長後半9分30秒。残り30秒の一撃が勝敗を分けた。

 岩田は、攻撃の主軸。波多秀吾監督も「(身体の)サイズはないが、サッカーをよく知っている子。テクニックがあり、本来ならスタート(先発)で使うべき選手」と認める選手だが、今大会はこの試合が初出場。大会開幕の1週間ほど前、練習中に左足の肉離れを起こし、状態が万全ではないため、短い時間での起用。岩田は「もしかしたら試合に出られないかもしれないと思っていましたが、ほかの中心選手がやってくれると思っていましたし、自分に出場機会があったら、役に立てるようにと思っていました」と出られないまま終わるかもしれなかった大舞台で出番を待っていた気持ちを表現した。

 苦しい試合の苦しい場面で、ようやく帰ってきた主軸の一発。主将を務める石田侑資(3年)は「(岩田は)普段はふざけているキャラクターですが、練習に対しては本気で取り組んでいる選手。(後方から見て)夏澄がファーストタッチで良い所にボールを置いた瞬間、何かが起きると思いました。シュートが決まった瞬間は、のどが潰れるくらいに叫びました」と、その価値を噛み締めた。

タレント不在も強い団結力、監督「粘り強くやろうと言っていた通りの試合」

 市立船橋は今季、苦しいチーム状況で大会を迎えていた。高円宮杯プレミアリーグ関東で0勝2分2敗と未勝利。波多監督が「畑大雅(湘南)、鈴木唯人(清水)といったタレントが多く、個性豊かで力のある選手を束ねた昨年とは違い、今年はタレント性はないけれど、団結力が強い世代。しかし、自信を持てない部分がありました」と話すのも無理はなかった。対して、流経大柏の方は、前評判が高かった。本田裕一郎前監督が勇退し、コーチを務めていた榎本雅大新監督が就任したシーズン。GK松原颯汰(3年)はジェフ千葉に加入が内定しており、ほかにも年代別代表経験者のMF藤井海和(3年)や技術のあるFW森山一斗(3年)といったタレントを揃えた好チームだった。

 波多監督が「相手にはタレントがいて、素晴らしい攻撃をする。我慢強く、粘り強くやろうと言っていた通りのゲームだった」と話した通り、市立船橋は守備時に5バック3ボランチという配置で伝統の堅守を発揮。ボールを奪うと、迷うことなくサイドアタックへ持ち込み、早いタイミングでセンタリングを送ってゴール前に飛び込むというシンプルな戦術の徹底で対抗した。前半は、圧倒的な市立船橋ペースだったが、ゴールを決めきれず、後半に入ると流経大柏がペースをばん回。延長戦は一進一退でPK戦に突入かと思われたが、岩田の一撃で勝敗は決した。

 翌16日には全国大会の組み合わせ抽選会がオンライン形式で行われる。

 8年連続で同じ顔合わせとなった伝統のライバル対決も、全国大会挑戦の通過点となる。岩田は「点を取って抱き着いたときに、監督が泣いていて、本当に自分もやってきて良かったと思いました。感謝しかありません。学校生活で怒られることも多かったのですが、監督のおかげで人間性の面でも変わってこれていると思っています。波多先生に千葉県の優勝をあげられて嬉しかったですが、まだゴールではないと思っているので(全国大会で)最後に胴上げできるように頑張りたいです」と全国制覇を誓った。(平野 貴也 / Takaya Hirano)