19日開幕大王製紙エリエールレディス、渋野日向子が写真撮影で苦笑いの理由とは

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは19日から4日間、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)にて無観客で行われる。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は18日に公式インスタグラムに動画を公開。昨年大会女王の渋野日向子(サントリー)が写真撮影中に向けられたカメラに「動画?」と困惑する様子に対し、ファンから「シブコ節炸裂」と笑撃の声が上がっている。

 お茶目な姿が微笑ましい。ボードの前に立つ渋野。青木翔コーチと撮った写真が収められた額縁を手に写真撮影に応じている。しっかりとカメラ目線だ。しかし、このカメラは動画を撮影中のようで、渋野は「動画? 動画?」と困惑。コメントを促されると「なんか久しぶりに賞をもらった気分です。(3週前の)ホールインワン以来ですね、あはははは(笑)」と冗談を飛ばした。

 動画の最後では「ありがとうございます」と締めくくった。投稿のコメント欄には「シブコ節炸裂」「貴方の笑顔は最高です」などとコメントが寄せられている。前週、渋野はショートパットの感触に手応えを見せていた。22歳となり、ディフェンディング女王として大会に臨む。(THE ANSWER編集部)