右カウンターでマロニーを葬った瞬間に英メディア脚光

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年唯一の試合となったWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)戦で7回2分59秒KO勝ち。華麗な右のカウンターストレートでラスベガスを震撼させたが、英メディアの“年間最高KOランキング”で堂々の4位に選出されている。

「ボクシング。アンソニー・ジョシュアとガーボンタ・デービスを含む、2020年最高のノックアウト」と特集したのは英スポーツメディア「ギブミースポーツ」。2020年の年間最高KO試合のトップ5を選出。聖地ラスベガスデビュー戦を華麗に飾った井上は4位に選出された。

「もしも、ボクシングに関する知識で仲間を唸らせたいのなら、イノウエの残忍なフィニッシュを挙げればいい。20戦で17KOという日本のボクサーはWBAとIBAバンタム級チャンピオンだ。さらに事実を明かすと、高い権威を誇るリング誌のパウンド・フォー・パウンドランクで2位なのだ」

 さらには「高速の拳、幻惑のフットワーク、左右両方の拳でKO出来る能力の持ち主」と絶賛している。

井上は4位、英メディア選出の1位は?

 玄人好みという右カウンターでのフィニッシュについては「彼は6回にマロニーを左のショートフックで倒した。そして、次のラウンドで破滅的な右クロスで議論に終止符を打った。イノウエは昔ながらのボクシングの方程式を示した。スピードとパワーは同等であるということだ」と賛辞を並べている。

 井上は2018年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ初戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)相手に70秒KO勝利を挙げ、リング誌などで“年間最高KO”に選出されていた。モンスターはノックアウトアーティストとしても評価を高めているようだ。

 同メディア選出の「年間最高KO」5傑は以下の通り

1位 ガーボンタ・デービス対レオ・サンタ・クルス
2位 アレクサンデル・ポべトキン対ディリアン・ホワイト
3位 アンソニー・ジョシュア対クブラト・プレフ
4位 井上尚弥対ジェイソン・マロニー
5位 ライアン・ガルシア対フランシスコ・フォンセカ(THE ANSWER編集部)