全日本選手権女子SP

 フィギュアスケートの全日本選手権が25日、開幕。女子ショートプログラム(SP)では3回転アクセルの競演が実現した。第4グループでは、樋口新葉(明大)、河辺愛菜(木下アカデミー)、紀平梨花(トヨタ自動車)の3人が果敢に挑戦した。

 まず挑んだのは樋口だ。冒頭で3回転アクセルを跳んだが転倒。11月のNHK杯では試合で初めて着氷したが、全日本の大舞台では成功ならず、演技後は悔しそうな表情だった。得点は61.53点。

 続いてはその2人後に登場した16歳の河辺。昨年の全日本ジュニア女王は冒頭で挑戦。スピードに乗ったジャンプは少々勢いがあまったか、手をついてしまった。演技後は笑顔も浮かんだが、得点は64.70点だった。

 そして最後は紀平。3回転アクセルを絶対的な武器にする前回女王は、スピードに乗ったジャンプで見事に成功させた。2点超えの加点を引き出す、さすがの安定感。コンビネーションジャンプでバランスを崩すミスは出たが、それ以外は上々の内容で79.34点だった。(THE ANSWER編集部)