2018年のアジア競技大会で日本人初の快挙を遂げたトップボウラーの選択

 中学生の時に日本代表に選ばれて以来、ボウリング界では常に世代のトップを走り続けてきた石本美来(JFEスチール)。2018年にはインドネシアで開催された第18回アジア競技大会のマスターズ戦女子で、日本人初となる優勝を飾る快挙を成し遂げた。「自分でもちょっとビックリ」と驚くが、選んだ道が間違いではなかったことを証明する結果でもあった。

 ボウリングはレジャーや娯楽として幅広い年齢層に親しまれているが、真剣勝負を繰り広げる競技スポーツとしての一面も持つ。“第2のオリンピック”とも呼ばれる国際総合競技大会「ワールドゲームズ」で正式種目として採用されていたり、4年ごとに世界選手権が開催されたり、世界に目を向けても競技人口の多いスポーツだ。

 日本では競技スポーツとしてのボウリングに、2つの道が存在することはご存じだろうか。プロボウラーとして歩む道、そしてアマチュアボウラーとして歩む道、だ。2019年、石本が岡山商科大学を卒業する際も、進む道はプロとアマチュアの二手に分かれた。この時、石本が迷わず選んだのは、アマチュアの道だった。

「例えばアメリカの場合、世界選手権とか大きな試合なると、プロでもアマチュアでもアメリカ代表になれるんです。でも、日本の場合はプロとアマで団体が別なので、日本代表になれるのはアマチュアの選手だけ。私にはまだ、やり残したことがあるので、アマチュアでプレーし続けることを選びました」

 プロになると「日本プロボウリング協会」の所属選手となり、主に国内で開催される各種大会に出場して賞金を稼ぐことができる。一方、アマチュアの場合は「全日本ボウリング協会」の管轄となり、日本代表として国際大会に出場することができる。石本の心を決めたのは「もっともっと経験を積みたい」という純粋な思いだった。

「プロだと拠点は国内で、海外に行けるとしてもオープン大会だけ。賞金は稼げるけど、国内が中心になるんです。アマチュアだとお金は稼げないけど、海外に行ける。私はもっと自分を高めるためにたくさん経験をしたいので、アマチュアを選びました。そういう経験はお金じゃ買えないかな、と」

2018年のアジア競技大会のマスターズ戦女子で、日本人初となる優勝を飾る快挙を成し遂げた石本美来(中央)【写真:アジアボウリング連盟】

アマだから得られる「世界に出ると、そういった課題や目標がより明確に感じられる」経験

 実際に出場する国際大会では、海外ボウラーから大きな刺激を受けるという。その楽しみを「YouTubeでよく見る選手とかでてくるんですけど、映像で見るのと生で見るのでは、やっぱり全然違うんですよ!」と、目を輝かせながら話す。

「国際大会では他の国の代表として、YouTubeで見た強い選手とか憧れの選手が出てくるんですよ。でも、映像で見るのと生で見るのって全然違うし、刺激になる。私、身長が167センチあるんですけど、海外ではそれでも小さい方かなと思うくらい体格も違うんです。女子でも、もう男子みたいにパワーもスピードも回転もある強いボールを投げるんですよ。そういう人たちに太刀打ちするためには、自分が何を磨かないといけないのか。世界に出ると、そういった課題や目標がより明確に感じられると思うんです」

 海外の猛者を相手にしながら、石本が気付いたことは「自分が負けない何かを持っていたら自信になる」ということ。「スピードや回転では敵わないかもしれないけど、私はコントロールだったら世界と張り合えると思いました」。コントロールの精度を上げる練習を繰り返し、磨きをかけた結果が、アジア競技大会での快挙だった。

「自分の自信というか、胸を張れる何かが見つかりました(笑)」

 アジアの頂点は極めたが、石本はこのままアマチュアの道を歩み続けるという。

「まだ、やり残したことがあるんです。それが終わったら、次のステップを考えてようと思っています。国内だと国体で優勝していないし、海外だと世界選手権で金メダルを獲っていないんです。自分の中で後悔したら嫌だなって思うので、それを達成するまでは頑張りたいなって思います」

 コロナ禍により国内外での大会開催が制限されている状況にはあるが、今は自分の技術を磨く時間。大会が開催される日に向けて、日本と世界の頂点を目指した歩みは続く。(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)