トップランク社が2020年の年間最高試合候補に選出

 ボクシングのWBO世界ライト級14位の中谷正義(帝拳)は、先月12日(日本時間13日)に行われたWBOインターコンチネンタル同級王座決定戦で同級12位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に9回1分45秒KO勝ちを収めた。2度のダウンを奪われながらも大逆転する一戦が、米興行大手「トップランク」が年間最高試合5選に選出。実際の映像を公式ツイッターに投稿すると、再び米ファンに興奮が広がっている。

 2020年の年の瀬に生まれた中谷の大逆転劇への評価がさらに高まっている。初回、4回にダウンを喫し、劣勢となっていたが、一度は引退した31歳は決して諦めなかった。9回だ。1分20秒、相打ちで放った左ジャブでダウンを奪うと、再開後に一気に距離を詰め、強烈な右ストレートを一閃。顔面を捉えられたベルデホはリングに突っ伏すようにうつ伏せに倒れた。審判はカウントを数えることなく試合をストップ。鮮烈な逆転KOとなった。

 記憶にも記録にも残る中谷の大どんでん返しを、トップランク社は高く評価。同社の興行の中での年間最高試合5選に選出し、ツイッターには「最後の最後で、ナカタニとベルデホは年間最高試合の候補になりうる戦いをした」と添えて当時の映像に脚光を浴びせている。

 するとこれに米ファンからは「マサヨシ・ナカタニの伝説的な復活劇」「信じられない逆転と勇敢なスピリット」「年間最優秀カムバック」「ナカタニは野獣だ」「このときのナカタニはヤバい」などと再び注目が集まっている。(THE ANSWER編集部)