連載「女性アスリートのカラダの学校」第18回―「低用量ピル」について

 スポーツを習い始めたばかりの小学生、部活に打ち込む中高生、それぞれの高みを目指して競技を続ける大学生やトップカテゴリーの選手。すべての女子選手たちへ届ける「THE ANSWER」の連載「女性アスリートのカラダの学校」。小学生からオリンピアンまで指導する須永美歌子先生が、体やコンディショニングに関する疑問や悩みに答えます。第18回は「低用量ピル」について。

 ◇ ◇ ◇

 皆さんは「低用量ピル」という薬を知っていますか?

 恐らく女性アスリートの多くは、「名前は知っているけれども詳しくは知らない」「調べたことはあるけれど見たことはない」という方が多いと思います。

「低用量ピル」とはホルモン剤のことです。国際的には経口避妊薬(OC)や低エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)と呼ばれています。

 低用量ピルには、エストロゲンとプロゲスチンというホルモンが含まれます。服用すると、「体のなかにホルモンが十分あるから、これ以上ホルモンを分泌しなくても大丈夫!」と脳が判断。すると、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌が低下。排卵が起こらなくなり、生理が止まります。

 また、服用を続けると、子宮内膜が薄くなって経血量が減少する、月経困難症の原因物質が低下するといった作用もあります。一般的には「避妊の薬」というイメージが強いのですが、実は月経困難症やPMS(月経前症候群)、過多月経(経血量が多い)など、生理のさまざまなトラブルの治療にも使われているのです。

 アスリートの場合、生理の来る時期をずらすために服用する選手もいます。

 低用量ピルを飲んでいる間は、生理は来ません。大事な試合や合宿に生理がぶつからないよう、時期を早めたり、遅らせたりと、タイミングをコントロールします。

 2008年に欧米で行われた調査によると、82%のトップアスリートが低用量ピルを服用している、と回答。一方、日本で行った調査では、2016年リオデジャネイロ五輪出場選手164人中、27.4%の選手が「ホルモン剤で継続的に月経対策を行っている」と回答しています。その前の2012年ロンドン五輪出場選手(156人)は7%だったので、近年、日本のトップアスリートも低用量ピルを活用する選手はグッと増えているようです。

 ただし、低用量ピルは「薬」です。服用後、変調がない人もいれば、副作用が出る場合もあります。

 副作用の主な症状としては、吐き気や頭痛、下腹部の痛み、乳房の張り、不正出血などが挙げられます。なかには「少量の出血が1か月近く止まらなくて困った」など、長い人では2〜3か月にわたり、副作用に悩まされるケースもあります。

 たまに学生から「試合が3日後なので、生理を止めたいんです!」という相談を受けますが、それはダメだよ、といつも言っています。

日体大女子学生1700人「服用している」は11%、理由の1位は「月経移動」

 低用量ピルはサプリメントではなく「薬」です。先ほど触れたように、副作用などで体が慣れるまで数か月かかる人もいます。そのため、最初はオフシーズンや試合期に入る前、使いたい時期から、少なくとも2〜3か月前には服用を開始し、様子をみることがとても重要です。継続して服用するうちに副作用がなくなることもありますし、コンディションが悪くなるのであれば、薬を変えてもらう(低用量ピルにはいくつか種類があります)こともできるからです。

 ちなみに、学生の間で「ピルを飲むと妊娠できなくなる」という噂が未だにありますが、根拠のないただの噂です。また「ピルを飲むと太る」という話もありますが、これは薬の性質上、体内に水分を貯めこむため。体脂肪が増えるわけではないので、「太る」ということではないので安心してください。もちろん、ドーピング検査に引っかかる成分は入っていないので、その点も心配はありません。ただし、体重増加がパフォーマンスに影響する競技や、階級制で体重コントロールが必要な場合には注意が必要です。

 以前、日本体育大学の女子学生約1700人に低用量ピルについてのアンケート調査を行ったところ、「服用している」と答えた学生は11%いました。そして、服用する理由の1位はPMSや子宮内膜症などの治療目的ではなく、「月経移動」。この結果には、驚きました。

「月経移動」と答えた裏側にあるのは、「出血があると煩わしいから」という類の理由ではありません。「試合日に生理があたると、コンディションが低下するから何とかしたい」という切実な想いであり、重い月経困難症、PMSに苦しんでいる女性アスリートの姿です。しかも彼女たちは、痛みや苦しみの原因を治療することよりも、月経の影響による体重の増加や痛みによるパフォーマンス低下のほうが、切迫した悩みとして抱えている、ということでもあるのです。

 しかし一方で、私は「低用量ピルを飲めば生理の問題は何でも解決する。だから飲めばいい」という考えではありません。

 もちろん、その人の体にあった低用量ピルを服用し、生理の時期を移動することで、自分本来の能力を試合で発揮することにつながります。ただ、薬ですから、必要な人と必要でない人がいますし、服用するかしないかは、自分の体とどう向き合っていくか? と考えるなかの、一つとして捉えてほしい。

 大事なのは、生理によって試合や合宿に支障をきたすような痛みや苦しみを感じているのであれば、まずは婦人科を受診すること。そして、低用量ピルが必要か否かを自分できちんと考えることだと思うのです。(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

須永 美歌子
日本体育大学教授、博士(医学)。日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、日本陸上競技連盟科学委員、日本体力医学会理事。運動時生理反応の男女差や月経周期の影響を考慮し、女性のための効率的なコンディショニング法やトレーニングプログラムの開発を目指し研究に取り組む。大学・大学院で教鞭を執るほか、専門の運動生理学、トレーニング科学の見地から、女性トップアスリートやコーチを指導。著書に『女性アスリートの教科書』(主婦の友社)、『1から学ぶスポーツ生理学』(ナップ)