サンズ戦で披露した左手でのシュートが話題に

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズに所属する八村塁は11日(日本時間12日)、サンズ戦にスタメン出場して10得点、9リバウンド、3アシスト、1ブロックをマーク。128-107の勝利に貢献した。利き腕ではない左手をうまく使って得点したシーンをウィザーズが動画で公開。現地実況席は「もしかすると彼は左利きなのかもしれない」と注目していた。

 器用に得点してみせた。八村は敵陣で右半身をディフェンスに密着させながらも、スムーズにドリブル。ゴール下に切り込んで飛び上がり、左腕でシュートを放った。フワリとしたボールは見事にリングを通過。利き腕とは逆の腕でも、しっかりとポイントを奪った。

 実際の動画をウィザーズの日本語版公式インスタグラムが動画で公開。この八村の動きに、現地実況席からは「彼は今夜2度左手で決めている。もしかすると彼は左利きなのかもしれない」と驚きの声が上がっていた。

 八村はこの試合で今季最多9リバウンドをマークするなど奮闘。ウェストブルック、ブライアントの主力2選手を故障で欠くチームは、今季3勝目(8敗)を挙げて東カンファレンス最下位から脱出している。(THE ANSWER編集部)