フランス人ジョッキーの落馬シーンに英「あらら…」

 フランスで行われた競馬のレースで、あるジョッキーの落馬が不正によるものではないかと注目されている。問題なく先頭を走っているように見える馬上から落ちた実際の動画を英メディアが公開。記事でも「激怒したファンが生涯騎乗停止を求める」などと伝えられている。

 何が起こったのだろうか。先頭を順調に走っていた馬がコーナーにさしかかったところだった。ジョッキーが突然左足を離し、馬の右側から飛び降りたのだ。転がるように受け身を取り、快走していた馬はコース外へ。馬同士の衝突もなく、落馬するような問題があったのか、映像では判断できなかった。

 実際の動画を、英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」公式ツイッターが「あらら……」と文面につづって公開。また、英紙「ザ・サン」は「激怒したファンが、先頭の馬から謎の落馬をしたジョッキーの生涯騎乗停止を求める」との見出しで記事を掲載している。

 記事によると、落馬したのはフランス人ジョッキーのクレマン・ルフェーヴル。2番人気のブラゾンドールに騎乗したポー・レースコースでの出来事について「馬は、群れを率いるよう先頭を走っていた。全くもって安全な時にルフェーヴルが落馬した」と伝えられている。

 この後、何が起きたのか調査されたようだが、同メディアは「ルフェーヴルは不正行為の疑いは取り除かれた」「幹事らは不正は絶対にないということで合意した」と記載。原因については「ビデオを再確認し、ジョッキー自身の証言を考慮に加えた後、彼ら(幹事)は馬が左へ方向転換したことが原因だとされた」と報じている。(THE ANSWER編集部)