再戦予定のガバリョ―ロドリゲス戦勝者との対戦熱望

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に敗れたジェイソン・マロニー(オーストラリア)が、再び世界のトップ戦線に加わろうとしている。WBC同級暫定王者レイマート・ガバリョ(フィリピン)と前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)には再戦指令が出ているが、この試合の勝者との対戦を熱望している。米メディアが報じている。

 昨年10月31日のラスベガス決戦で井上に敗れたマロニーの発言を伝えているのは米専門メディア「ボクシングシーン.com」だ。

「ジェイソン・マロニーはガバリョ対ロドリゲスの勝者と戦いたいと思っている。そして、どちらと戦っても勝てると感じている」と見出し付けされた記事の中で、マロニーはまず井上戦について改めて振り返っている。

「僕には素晴らしいディフェンスがあり、それを打ち破るのは困難なはずだったのに。イノウエは僕が対戦してきた選手の中で屈指のボクサーだった」

 7回に右カウンターでKOされたマロニーは井上を再び絶賛。一方で昨年12月19日に行われたガバリョ―ロドリゲス戦にも触れている。

「ロドリゲス対ガバリョの試合だが、ロドリゲスが余裕で勝ったと思った。ガバリョはよりアグレッシブなファイターだが、効果的なショットを放っていたとは思えない。おそらく、ロドリゲスの方がそういうショットは多かった。ロドリゲスは勝利するために十分なことを成し遂げたと思っている」

ガバリョ―ロドリゲス再戦なら「ロドリゲスが勝つだろう」と予想

 試合はガバリョが判定勝ちを収めたが、海外メディアやファンからは判定結果に疑問の声が上がっていた。両者にはWBCから再戦指令が出たと報じられているが、マロニーはロドリゲスの勝利を予想している。

「再戦ではロドリゲスが勝つだろう。彼はより優れたボクサーであり、再戦では何をすべきか分かっているはずだ。僕はこの再戦の勝者と戦いたい。僕の夢は2021年の間に王者になること。ガバリョとロドリゲスのどちらと戦っても勝てるという自信がある」

 マロニーは2018年10月にロドリゲスに敗戦。「2018年にロドリゲスに敗れてから、僕は大幅な改善をしてきた。それを証明する機会がほしい。リベンジをして、世界タイトルを獲得するんだ。その戦いの準備はできている」と語っているという。

 現在WBCの7位に位置するマロニー。同級正規王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)は3月13日にパリでナワポン・カイカンハ(タイ)と防衛戦を行うことが報じられ、ガバリョ―ロドリゲスの勝者は正規王者と団体内統一戦を行うのが基本線。果たしてマロニーの願いは叶うのだろうか。(THE ANSWER編集部)