暫定王座決定戦で勝利したアリームが意欲「素晴らしいファイトになると思うよ」

 ボクシングのWBAスーパーバンタム級暫定王者のライース・アリーム(米国)がWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)に対して、「KOしたい」と挑戦状を叩きつけている。2019年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で死闘を演じた元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)の奮闘を引き合いに出しながら、「ノニトができたなら、オレはもっとうまくやれる」と豪語している。

 1月23日に米・コネチカット州のモヒガン・サン・アリーナで行われたWBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦で、ビック・バシリャス(米国)を倒して、暫定王者となったアリーム。“ザ・ビースト(野獣)”の異名で知られる、18戦全勝の30歳はボクシング情報を扱う米ポッドキャスト番組「ルーキー・ボクシング・ポッドキャスト」のYouTubeチャンネル「ITRボクシング」に登場。一階級下のバンタム級の盟主に挑戦状を叩きつけている。

「個人的な過激な意見だけど、君こそがイノウエをKOできると思うんだけれど、どうだろう。間違っているかな?」と質問されたアリームは「君は間違っていない。素晴らしいファイトになると思うよ。是非ともKOしたいね」と即答した。

 自信満々のアリームが、引き合いに出したのはフィリピンの閃光と呼ばれる名手だった。

「オレはドネアと何度もスパーリングをしたことがある。最高な人で、名ファイターだ。モンスター・イノウエと死闘を演じた。目の辺りを骨折させたよね。ノニトができるなら、オレにもできる。俺の方がもっとうまくやれる。最高の試合になるんじゃないかな」

ドネア引き合いに自信「転級した彼にとっては大変なことになるだろうね」

 2019年11月の“ドラマ・イン・サイタマ”と呼ばれる名勝負で、スパーリング相手を務めたこともあるドネアが井上相手にキャリア初の流血や、鼻骨・眼窩底骨折などのダメージを負わせたことを引き合いに出し、モンスター打倒に自信を深めている。

「彼が122(スーパーバンタム級)に転級するかも知れないというウワサは聞いている」と語ったアリーム。「彼とは是非戦いたい。間違いなくノックアウトしたいぜ。スーパーバンタムに上がってきたら、彼にとっては大変なことになるだろうね」と豪語している。

 バンタム級での4団体統一に意欲を示している井上。将来的にスーパーバンタム級に転級した際に、アリームが地位を築いているならば対戦の可能性があるかもしれない。(THE ANSWER編集部)