チャリティーイベント「LEGEND」での激突は「解説と観客を大喜びさせた」

 新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」が11日、東京・代々木第一体育館で行われた。スパーリング形式で行われる3分×3回のエキシビションマッチ。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)と激突したが、英メディアも「明らかに慈悲深い雰囲気ではなかった」「強烈なパンチを打ち合う」と両者の対峙に注目している。

 井上は素早いハンドスピードで手数を出すと、左フック、アッパーと多彩さを見せた。ノーガードでパンチをかわす場面も。さらにロープに背をつけたまま両手を広げ、打ってこいとジェスチャー。比嘉がパンチを繰り出す中、井上は打って返した。2回の途中からは井上が左構えにスイッチ。比嘉は2週間ほど前に参戦が決まったため、準備期間が少なかったものの、井上が余裕を見せながら技術の違いを見せつけた。

 白熱のリングに注目したのは英紙「ザ・サン」だった。「ナオヤ・イノウエはこの日、日本でチャリティーイベントに登場した。しかし、彼は明らかに慈悲深い雰囲気ではなかった」などと伝えている。

 記事では「バンタム級の統一世界王者は、元WBCフライ級王者のダイゴ・ヒガと激突した」「そして、両ボクサーは(最終ラウンドは)ヘッドギアなしで強烈なパンチを打ち合うと、解説と観客を大喜びさせた」と両者のスパーリングについて記したうえで、「チャリティーマッチだったかもしれないが、2人は四角いリングに全てを懸けるようだった」と振り返っている。

 同メディアは井上について、権威ある米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位にランクインしている実力や、20戦全勝という輝ける戦績を特集でも紹介した上で、「イノウエは獰猛なパンチ力で、軽量級のボクサーの中で最も話題になるボクサーの1人となった」「3階級制覇王者で、2019年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)でも優勝している」とも絶賛されている。(THE ANSWER編集部)