ダンク4連発で15得点、セルティックス戦勝利に貢献

 米プロバスケットボール(NBA)は14日(日本時間15日)、ウィザーズはセルティックスに104-91で勝利。八村塁は22分間の出場で4戦連続2桁得点となる15得点、4リバウンド、1アシストをマークした。計4本のダンクを叩き込んだ八村。ウィザーズは八村の豪快なダンクショーの動画を公開。米ファンを沸かせている。

 八村がダンクショーを展開した。第1クオーター(Q)、残り7分40秒の場面で左サイドでパスを受けると、そのままゴール下に進入し左手一本で豪快にダンクを叩き込んだ。そして圧巻は第3Qだ。

 残り8分、左サイドからゴール下へと入りながらパスを受け、左手一本でダンク。残り7分15秒では速攻から、エース・ビールからのパスを受けて両手で叩き込み、その1分後にも味方のスクリーンを使ってフリーの状態でパスを受け、再び両手でダンクを決めた。

 八村が演じた圧巻のダンクショーを、ウィザーズ公式ツイッターでは「『ルイの今年最高の試合だったと思う』 今日ルイ・ハチムラが、たった22分間の出場で15得点!」とスコット・ブルックスHCが試合後に最敬礼したコメントを添えて動画を公開。これに現地ファンからは「我々には、彼のこのプレーが毎試合必要」「間違いなく彼の今季最高の試合」などと反響が集まっている。(THE ANSWER編集部)