全豪オープン準々決勝

 テニスの4大大会・全豪オープンは16日、女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が同71位シェイ・スーウェイ(台湾)に2-0(6-2、6-2)で勝利。2年ぶり2度目のベスト4進出を決めた。全豪ではシングルス通算20勝となり、日本女子の歴代最多記録を更新。海外の識者からも「彼女は力強すぎた」「楽々下した」などと称賛が送られている。

 大坂は第1セットの第4、第8ゲームをブレークしてセットを奪うと、続く第2セットでも、第1ゲームでサービスエース2本を決めるなど躍動。ダブルス世界ランク1位に君臨する技巧派のシェイに66分の戦いで貫禄の勝利を収めた。大坂はこれで昨年8月から、2つの試合前棄権を除き19連勝となった。

 大坂には、海外識者からも称賛が送られている。ポルトガルのスポーツ専門メディア「レコード」のホセ・モルガド記者は自身のツイッターに「ナオミ・オオサカがスーウェイ・シェイを6-2、6-2で退け、19連勝。全豪オープン準決勝に駒を進めた。4度目のグランドスラム準決勝。未だグランドスラムの準々決勝、準決勝、決勝で負けていない。今日、彼女は力強すぎた」とつづっている。

 米紙「ニューヨーク・タイムズ」などに寄稿するベン・ローゼンバーグ記者も「ナオミ・オオサカが難しい相手を楽々下した」「新型コロナ禍が始まってから負けていないオオサカは、グランドスラムの準々決勝、準決勝、決勝で負けたことがない(10勝0敗)」と難敵相手の勝利にツイッターで拍手を送っている。

 米紙「USAトゥデー」のコラムニスト、ダン・ウォルケン氏もツイッターで「ナオミ・オオサカが、過去に多くの問題をもたらしたシェイを相手に、非常にプロフェッショナルな6-2、6-2の勝利。セリーナ・ウィリアムズとシモナ・ハレプの勝者と準決勝で対戦」と記載している。

 大坂は次戦の準決勝ではセリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦する。(THE ANSWER編集部)