ラグビーを追い続ける吉田宏記者のコラム、前編はレッドカンファレンスの注目チーム、選手を紹介

 ラグビーの国内最強を争うトップリーグ(TL)が2月20日にようやくキックオフを迎える。来年発足する新リーグへ移行するための最後のシーズンは1月16日に開幕する予定だったが、複数チームで60人を超える感染者が確認されたために、開幕の2日前に順延を決定。日程の短縮に伴い大会方式の大幅な変更を行うなど苦難の中で迎えるシーズンの展望を前後編でお届けする。前編ではレッドカンファレンスの注目チーム、選手を紹介する。(文=吉田宏)

 ◇ ◇ ◇

 最後のTL王者は誰だ――。5週間遅れのキックオフが近づく中で、コロナ禍の影響、大挙加入した海外トップ選手、そして日本代表勢のコンディションと、チーム・選手の仕上がり具合が注目されるラストシーズン。昨年2月のTL中止以降実戦から遠ざかり、感染で練習の中断を余儀なくされたチームも少なくない。昨秋から練習試合が再開されたが、1チーム平均で5試合ほどを消化した程度で開幕を迎えることになる。万全とは言い難いチーム状況だが、それでも全ての参入チーム、そしてラグビー協会が例年以上の強い決意で臨むシーズンなのは間違いない。今季の成績が、TLに代わり来年1月の開幕を目指す新リーグのディビジョン分け、つまり1、2、3部リーグへの振り分けに直結するからだ。

 今年1月に発表された新リーグ各ディビジョンのチーム数は、ディビジョン1=12、ディビジョン2=6、ディビジョン3=7チーム。つまり、TL参戦16チームの中で4チームは、実質上2部に降格することになる。もし降格になれば、活動予算、有望選手の獲得などチーム強化への影響は避けられない。どのチームも、12位以内が譲れないラインになる。

 その死活問題に関わる今季TLのフォーマットを簡単に説明しておこう。まず、参画16チームをレッド、ホワイトの2カンファレンスに分け、1回戦総当たりのリーグ戦を行う。その後、下部のトップチャレンジリーグ上位4チームが加わり20チームによるノックアウトトーナメント形式のプレーオフを行い、優勝、最終順位が決まる。

 2つのカンファレンスへの振り分けは、6節で中止となった昨季ではなく、2018-19年シーズンの成績に基づいている。

▼レッドカンファレンス
サントリー、トヨタ自動車、NTTコミュニケーションズ、クボタ、ホンダ、東芝、宗像サニックス、三菱重工相模原

▼ホワイトカンファレンス
神戸製鋼、ヤマハ発動機、パナソニック、リコー、NEC、キヤノン、日野、NTTドコモ

 レッドカンファレンスのトップは、サントリーサンゴリアスとトヨタ自動車ヴェルブリッツの争いが軸になりそうだ。その2チームに、シーズンごとに力をつけてきたクボタスピアーズ、NTTコミュニケーションズがどこまで肉薄できるか。そして、完全復活を目指す古豪・東芝ブレイブルーパスが食い込めるかにも注目したい。

トヨタ自動車のキーラン・リード【写真:Getty Images】

バレット以外の戦力も充実するサントリーに対抗するトヨタ自動車

 サントリーは、昨年12月26日に行われた東芝との練習試合で仕上がりの早さを印象付けた。持ち味のボールを速く、大きく動かすアタックで主導権を握ることができたのは、ブレークダウンから“生きたボール”をBKに供給したFWの奮闘が背景にある。生きたボール、つまり自分たちの攻撃テンポで、勢いを落とさずにプレー出来たことで、この日が国内デビューとなったSOボーデン・バレットの超攻撃的なプレースタイルも際立っていた。

 ワールドラグビー年間最優秀選手に2度輝いたニュージーランドの至宝バレットの最大の魅力は、常に動きながらボールをもらい、ラインアタックを加速させるパス、ランにある。ボールの捕球およびパスはラグビースクールでも教えられる基本中の基本だが、プレッシャーを受けながらの精度の高さが他の追随を許さない。後半16分からピッチに立つと、わずか24分間でラン、パス、キック全てに高いスキルを駆使しながら、相手のスペースを突く判断力を披露。自身が奪った1トライと、華麗なオフロードパスによるアシストと、出場時間中にチームがマークした2トライ両方にからむ活躍を見せた。

 この試合を観る限り、サントリーが掲げるアグレッシブ・アタッキングラグビーとバレットのプレースタイルは良好なマッチングを感じさせる。パナソニックとの次戦では、相手の出足の速い防御に苦戦を強いられたが、バレットは「練習試合では出来るだけボールを展開しているが、厳しい試合になればなるほど自分たちでプレーを調整して、キックも使わないといけないだろうと感じている」と、得意の攻撃的なスタイルを封じられたとしても勝つことに特化したプランB、プランCも携えてリーグ開幕に準備を進めている。

 バレット以外の戦力も充実する。昨春には、2019年シーズンの大学日本一を遂げた早大の中心メンバーSH齋藤直人、CTB中野将伍が加入。スーパーラグビー・サンウルブズでも活躍した齋藤は、アタックにテンポを生み出す素早いパスさばきとキック力で日本代表SH流大とのポジション争いに挑む。中野も身長186センチ、体重98キロという日本人BKでは破格のサイズを生かした突破力で、W杯戦士・中村亮土主将、2023年W杯へ期待の梶村祐介、豪州代表サム・ケレビらとの豪華なポジション争いを演じる。2月5日に行われたリコーとの練習試合ではWTBで先発。外国人選手相手にも負けないコンタクトの強さを披露するなど、2つのポジションでメンバー入りに挑む。

 そのサントリーの前に立ち塞がるのがトヨタ自動車だ。2018年シーズンのTLプレ大会「トップリーグ・カップ」では、決勝でサントリーを倒して優勝。いよいよリーグ戦初制覇と意気込んで臨んだ昨季リーグ戦は、開幕わずか6試合で中断が決まった。日本選手権、全国社会人大会と国内タイトルを手に入れてきた古豪にとって、TLの王座につけるチャンスは今季が最初で最後。悲願のTL制覇、そして来季から始まる新リーグへ向けて戦力充実を加速させている。

 伝統の強みは、大型FWがスクラム、ブレークダウンで重圧をかけて主導権を握るストロングスタイルのラグビーだ。6試合で終わった昨季は、2019年W杯日本大会までニュージーランド代表を主将として牽引したNO8キーラン・リード、南アフリカ代表でW杯優勝に貢献した、FBウィリー・ルルーを獲得。今季は日本代表FL姫野和樹がスーパーラグビー・ハイランダーズでプレーするためチームを離れたが、オーストラリア代表主将のマイケル・フーパ―が加わった。リード、ルルー、フーパ―の3人が積み上げた代表キャップの合計は290以上。常に世界最強を争う南半球強豪3か国の代表キャップを、1チームの選手3人だけでここまで保有するのは異例のことだ。

 フーパ―は密集戦でのボール争奪とタックルで、そしてリードはボールキャリーで、トヨタ伝統のFW戦の破壊力を増幅させる。長らく世界最強を、共に主将として争ってきたキーラン・リードと同じチームで戦うことについて、フーパーは「沢山学ぶものがある。多くの成功を収めてきたチームの一員だったので、新しい環境で彼の近くでプレーできるのを楽しみにしている」と意気込みを語っている。

 昨季6戦にフル出場したルルーは、相手防御に体を触れさせない華麗で奔放なステップが持ち味。アウトサイドBKでコンビを組む元7人制日本代表のWTBヘンリー・ジェイミーの相手を抜く能力との相乗効果で、互いの攻撃力を増幅させている。伝統のFW戦に加えて、BKでも相手を苦しめる存在になるはずだ。

 若手日本勢で、世界レベルのFW第3列に食い込む期待が高まるのがNO8吉田杏。帝京大時代から姫野を兄のように慕い、追い続けてきた。入団3シーズン目だが、まだそのポテンシャルを完全に出し切れてはないいわば原石。身長188センチ、体重106キロの大型選手だが、大学時代はWTBでもプレーしたスピード、機動力でレギュラーポジションを獲得できれば、チームの破壊力はさらに強度を増すことになる。

東芝のリーチ・マイケル【写真:奥井隆史】

“2強”を追うクボタ、NTTコミュニケーションズ、東芝の復権は?

 サントリー、トヨタ自動車のトップ争いに待ったをかけるほどの力をつけてきたのがクボタスピアーズとNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの“千葉湾岸グループ”。中止となった昨季を除く過去5シーズンのTL順位を見ると、クボタは13→12→12→11→7位、NTTコムは8→8→5→9→5位と着実に順位を上げてきた。

 クボタは、18-19年シーズンに8強入りを果たすと、2019年のTLカップで準優勝。チームとして初めて決勝の舞台に立った。強化を推進するのは、5シーズン目の指揮を執る南アフリカ出身のフラン・ルディケ・ヘッドコーチ(HC)。スーパーラグビーでブルズ(南アフリカ)を2度の優勝に導いた名将は、結果に拘りながらも、ゲーム理解やストレングス、フィジカルコンディションの強化などチームのベースを地道に築き上げ、中堅チームを上位が伺えるまでに進化させてきた。

 原点になるのは、ブルズとも共通するFWを軸とした接点の激しさ。個々のパワーに加えて、密集戦を80分間戦えるタフさを高めてきた。途中中止となった昨季も、トヨタ自動車相手に18-20と競り合うなど、FW戦ではトップ4クラスの強豪とも十分に渡り合い、今月11日に行われた練習試合でも、強豪パナソニックワイルドナイツを相手にブレークダウン、コンタクトで互角の戦いを披露。主力メンバーがプレーした第1、第2セットでは28-33、互いに若手を投入した最終セットの合計では41-33の好ゲームをみせた。

 課題の得点力の低さを解消するために、昨季はオーストラリア代表で不動の指令塔に君臨したSOバーナード・フォーリー、ボールを動かせるニュージーランド代表の主力CTBライアン・クロッテイを獲得。日本代表主将も務めたCTB立川理道主将が加わるフロントスリー(SO-CTBトリオ)は、TL有数の攻撃的なセットだ。

 さらに今季は、南アフリカのW杯優勝メンバーで、昨季はライバルNTTコムでプレーしたHOマルコム・マークスが加入。スクラム、ラインアウトで重責を担うポジションながら、FW第3列級の機動力、そして世界屈指のパワフルな突破力を持つマークスと、密集戦のエキスパートとして日本代表のW杯8強入りに貢献したFLピーター・ラピース・ラブスカフニとの競演が楽しみだ。

 クボタと共に上位入りを狙うNTTコムも、戦力を充実させている。サントリーのバレット、トヨタ自動車のフーパ―に匹敵するビッグネームがSHグレイグ・レイドロー。ファンには2015、19年W杯と2大会連続で日本代表と死闘を繰り広げたスコットランドの闘将としての記憶が新しいが、代表キャップ76を誇り、主将として出場した39試合は同代表最多と、絶大なキャリアを持つ“タータンチェックの英雄”だ。密集やスクラムからパス、キックを適確に選択してゲームを組み立てる高い戦術眼が最大の武器で、FL金正奎共同主将は「判断のミスがほとんどなく、プレーが正確」と舌を巻く。

 チームは、2018年まで指揮を執ったロブ・ペニーHC時代のボールを幅広く展開するラグビーから、キックも用いたオーソドックスなスタイルに戻りつつある。その中で、WTB山田章仁、石井魁のスピードをどう引き出すかが課題になる。昨季加入のオーストラリア代表クリスチャン・リアリーファノ、スーパーラグビー・ハリケーンズ(ニュージーランド)から新加入したフレッチャー・スミスら南半球出身SOと、ヨーロッパベースでキャリアを積んできたSHレイドローが、どうゲームを組み立てていくのかが注目される。

 この上位グループに食い込む可能性を秘めているのが東芝ブレイブルーパス。TL最多タイの優勝5度を誇る名門だが、過去3シーズンは9、6、11位と苦闘を強いられてきた。本社の業績不振がチーム運営にも影響を及ぼす中で、ようやく再起への道を加速し始めたのが現状だ。

 大型補強はないが、日本代表主将NO8リーチ・マイケル、ニュージーランド代表FLマット・トッド、パワーハウスと期待されるFLシオネ・ラベマイが組むFW第3列はリーグトップクラスの攻撃・防御力を持つ。BKでも技巧派CTBティム・ベイトマン、ストレートランなら国内屈指のスピードを持つWTBジョネ・ナイカブラら多彩なアタッカーが揃う。彼らが期待通りの力を見せれば、カンファレンス内の順位争い、そしてプレーオフトーナメントの地殻変動を起こす可能性を秘めている。

(ホワイトカンファレンスの展望は18日掲載)(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

吉田 宏

 サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。