準決勝で好調セリーナにストレート勝ち

 テニスの4大大会・全豪オープンは18日、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が同11位セリーナ・ウィリアムズ(米国)に2-0(6-3、6-4)で勝利。優勝した2019年以来2度目の決勝進出を果たした。難敵をストレートで下した大坂には、米メディアからも「スーパースターだ」「彼女はキラーに変身する」などと称賛が送られている。

 両者は、4大大会では18年全米決勝以来となる対戦。第1セット、大坂は序盤こそ苦戦したものの、ラリーでポイントを重ねて第7ゲームまで5ゲームを連取。第2セットも190キロを超えるサーブで連続ポイントを奪うなど、39歳セリーナを下した。

 好調と見られていた39歳にストレート勝ちした大坂。海外メディアからも称賛が送られている。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「ナオミ・オオサカはスーパースターだ」「謙虚で魅力的な性格の持ち主だが、一度ボールを持てば、彼女はキラーに変身する」などと記事で言及している。

 米放送局「CNN」は「オオサカは20連勝を記録している」と最近では負け知らずの戦績に注目。一方、敗れたセリーナについては「ナオミ・オオサカに敗れた。これにより、オーストラリアのマーガレット・コートが記録したメジャー24勝目に並ぶことはできなかった」と伝えられている。

 また、スポーツ放送局「NBCスポーツ」も「ナオミ・オオサカがセリーナをスイープし、全豪決勝に駒を進めた」と記事で大坂の勝利を報道。2年ぶり2度目の優勝を狙う23歳の快勝に、米国からも熱視線が注がれていた。(THE ANSWER編集部)