優勝会見で3回戦で怪我していたことを公表

 テニスの全豪オープンは21日、男子シングルス決勝で世界ランク1位・ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同3位ダニール・メドベージェフ(ロシア)を3-0で破り、3年連続9度目の優勝を飾った。圧倒的な強さで世代交代を許さないジョコビッチだが、試合後の会見では3回戦で筋断裂していたことを明かしている。

 やっぱりジョコビッチは強かった。第1セットこそもつれたが、第2セット以降はメドベージェフを圧倒。世界No.1を改めてアピールした。

 試合後の会見では衝撃の事実を明かしている。「腹斜筋の筋断裂だった。(テイラー・)フリッツとの3回戦でそれが起きた時、すぐに感じた。試合後の会見では想像にすぎなかったけれど、筋断裂だと感じてはいた。パチンと切れるのを感じた」と振り返っている。

 3回戦のテイラー・フリッツ(米国)戦で負傷。フルセットの激闘の末に勝利したが、試合後には「コートに立つことができるかどうか分からない」などと棄権の可能性を示唆していた。それでも4回戦以降も強敵を次々撃破。決勝まで勝ち上がっていたことで、怪我の真偽を疑われてもいたという。

「どんな怪我なのか、回復するのは不可能なんじゃないかなど、多くの憶測があった。誰もが自分の意見をいう権利を持っている。自分が思っていることを言って、他人を批判する権利がある。時に少し不公平だと感じることはあるけどね。でも初めてのことでもなければ、これが最後でもないだろう。

 ここ10日間程、我々が何をしていたのか、見るチャンスが多分今年の末にあると思う。ドキュメンタリーが公開される。ここでの事や過去6か月の事が含まれている。舞台裏で行われていた治療などを見る機会があるだろう」

怪我の後は「とても不安。4回戦の直前までプレー出来るか分からなかった」

 怪我をした3回戦後の心境も改めて口にしている。

「とても不安だった。プレーを続けること自体現実的ではなかった。4回戦の2時間前までプレー出来るか分からなかった。その時コートに出て大丈夫そうだった。痛みのレベルは不定的で、痛みとともにプレーすることを受け入れるしかなかった。この痛みは怪我から来るもので、違和感とか筋肉痛みたいなものとは違った。怪我を悪化させる可能性があった事は分かっていた。メディカルチームなどが素晴らしい仕事をしてくれた。達成できたことを幸せに思う」

 批判を受けながらも、王者であることを証明したジョコビッチ。チームへの感謝も忘れなかった。(THE ANSWER編集部)