ドンチッチを襲った出来事にファン「プレー続行したんだ(笑)」

 米プロバスケットボール(NBA)は1日(日本時間2日)、マーベリックスが130-124でマジックに勝利した。この試合でルカ・ドンチッチが33得点、9アシスト、10リバウンドと白星に貢献したが、第3クオーター(Q)終了までの46秒間は片足のシューズが脱げた状態でプレー。ハプニングが起きた実際の動画を米メディアが公開すると、「なんて面白いの」「クレイジーだ」などと現地ファンの笑いを誘っている。

 予想外の出来事だった。第3Q残り1分を切ったところ、ゴール下で相手と競り合ったドンチッチは体勢を崩して場外へ。すると、左足の白いシューズが脱げてしまった。守備に戻らないといけないため、履き直す時間はなし。片方が靴下という状態でコートへと走った。実況席からも笑いが起きる状況となったが、このクオーターが終了するまでシューズは履けず終いだった。

 実際の動画を米放送局「ESPN」公式ツイッターが動画で公開。文面では「ルカはレイアップシュートを試みた際に片方のシューズが脱げてしまった」と伝えたほか、米放送局「FOXスポーツ・サウスウエスト」公式ツイッターも「第3Qの残り46秒、片方のシューズだけで戦った」と紹介している。

 2019年新人王のハプニングに、米ファンからは「彼はそのあと見つけられたのかな?」「プレーをやめてすぐ履き直すべきだ(笑)」「なんて面白いの」「プレーを続行したんだ(笑)」「クレイジーだ」「ルカは普通じゃないね」などとコメントが寄せられている。(THE ANSWER編集部)