ウェストブルックはトリプルダブルを達成

 米プロバスケットボール(NBA)は29日(日本時間30日)、ウィザーズがペイサーズに132-124で勝利した。八村塁は36分24秒の出場で26得点、3アシスト、8リバウンドを記録。第4クオーター(Q)に決めた逆転となるダンクシュートをウィザーズが動画で公開。「ルイのスラム」などと紹介している。

 八村がダンクで勝利に貢献した。115-116と1点を追う第4Qだ。相手のシュートを防いだウィザーズは、ラッセル・ウェストブルックがドリブルで持ち上がると、前方にいた八村へパス。背番号8はそのまま勢いよく跳び上がった。ディフェンスが後ろから迫る中、両手でダンク。逆転だ。コンビプレーを見せたウェストブルックとハイタッチを交わした。

 ウィザーズはこの後、リードを許すことなく勝利した。八村の逆転ダンクの瞬間をウィザーズ公式ツイッターが動画で公開。「アレックス・レンのビッグディフェンスはルイのスラムに繋がる」と文面につづって紹介した。エースのビール不在の中、ウェストブルックが35得点、21アシスト、14リバウンドとトリプルダブルを記録。八村もチーム2位となる得点で、2連勝に貢献した。(THE ANSWER編集部)