YouTube上でダスマリナスに肩入れ発言

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、次戦でIBF同級1位のマイケル・ダスマリナスと対戦する可能性が高いが、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(ともにフィリピン)がその勝敗を予想。同胞のダスマリナスにも勝機があると分析している。母国メディア「ラプラー」が報じている。

 SNSなどを通じ、井上を再三挑発しているカシメロ。「ラプラー」によると、YouTube上では「(TKOで)イノウエが負けることはあり得る。しかし、もしも長期戦になるならイノウエが判定で勝つだろう」と語るなど、ダスマリナスに肩入れ予想をしているという。

 20勝(17KO)無敗の井上を倒せる可能性があるとする理由について、同メディアは「その理由? ダスマリナスもキラーパンチの持ち主で、アグレッシブさの欠如でそれが妨げられているに過ぎない」と分析している。

 記事では「マニラで何度もダスマリナスとスパーリングをしているカシメロはこのファイトが簡単な試合から程遠く、イノウエにとっては危険なものになると話していた」と報じている。(THE ANSWER編集部)