メッツが疑惑の判定でサヨナラ勝ち、ファン「ジョークだよな?」

 米大リーグで8日(日本時間9日)に行われたメッツ―マーリンズの試合で、疑惑の判定が注目を浴びている。同点で迎えた9回裏1死満塁の場面。ストライクゾーンに投じられたかに思われたボールで、球審が打者の肘に当たったとして死球を宣告。メッツのサヨナラ勝ちとなった実際の映像を米メディアが公開。「肘をホームプレート側に出していた」「三振を判定するジェスチャーに入っていた」などとも伝えられている。

 迷ってしまったのだろうか。2-2の同点で迎えた9回裏1死満塁の場面。マーリンズの投手はかつて日本球界・ファイターズに所属していたバスだ。セットポジションから投じた一球は、メッツの打者コンフォルトの内角厳しいところへ。変化球がストライクゾーンに決まり、見逃し三振……かと思われた。

 しかし、球審は一度三振のジェスチャーをしそうになりながらも、急遽デッドボールの判定に変更。押し出しでメッツがサヨナラ勝ちとなった。マウンド上のバスは信じられなかったのか両手を広げている。スロー映像で確認すると、確かに投球は右肘をかすめているようにも見えるが、コンフォルトがボールに故意に当たりに行っているようにも見える。

 実際の映像を米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターが動画で公開。米ファンからは「ストライクゾーンで当たっているぞ」「ただただ酷い」「過去最悪の判定だ」「クレイジーだ」「恥ずべき行為」「ジョークだよな?」などとコメントが寄せられている。

米紙は「基本的なルールを破る」と打者を批判

 また、米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」は「メッツが議論を呼ぶサヨナラ死球で本拠地開幕戦を勝利」との見出しで記事を掲載。「コンフォルトはチームの為に肘をホームプレート側に出していたのである」「これはルール違反かもしれないが、結局は試合を決める打点となった」と最後のシーンを振り返っている。

 記事では「ここで最もおかしなことは、球審のロン・クルパが三振を判定するジェスチャーに入っていたことである。しかしクルパはその後、死球に判定を変えた」と判定について疑問視。「マーリンズのドン・マッティングリー監督も審判団に抗議をしたが、ボールは当たっていたため、試合はそのまま終了した」と伝えている。

 同紙によると、クルパ球審は試合後に判定のミスを認めている。記事では「(コンフォルトの行為は)リトルリーグでも最も基本的なルールを破ることであり、決してやってはいけないことだ」と死球を受けたコンフォルトの行いを批判していた。(THE ANSWER編集部)