富士フイルム・スタジオアリス女子オープン第1日

 女子ゴルフの国内ツアー、富士フイルム・スタジオアリス女子オープンは9日、兵庫・花屋敷GCよかわC(6390ヤード、パー72)で開幕。テレビ中継スタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たことが明らかになり、当初より6時間30分遅れで、午後2時にスタート。1組もホールアウトできず、日没サスペンデッドとなった。本来は午前7時30分のトップスタート予定だった高橋彩華(東芝)は疲労感を滲ませていた。

 長い1日だった。午前7時半スタート予定だった高橋は同4時に起床し、5時半過ぎにはコース入りしていた。しかしスタートの約1時間前に、開始が遅れる事を告げられたという。結局6時間半後にスタートし、13番までを終えて1オーバーとしている。

 サスペンデッドとなった後の会見で「風の強い中大変な1日でした」と振り返った高橋だが、「条件はみんな一緒かな」と言い訳にはしなかった。

 10日は午前7時30分から第1ラウンド(R)の残りを消化後、組み換えなしで第2Rが行われるが、2日続けてサスペンデッドとなる可能性が高い。11日の最終日は第2Rの残りを終えた時点で60位タイまでが予選通過。また昨年8月のニトリレディース以来、国内女子ツアーでは2度目となるセカンドカットが適用され、30位タイまでの選手で決勝ラウンドを行う可能性も浮上している。

 高橋は2日目へ向けて、「予選を通れたらいいなという感じです」と話していた。(THE ANSWER編集部)