ウエストブルックがパス、八村塁が華麗に決めたアリウープとは

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は9日(日本時間10日)、敵地ウォリアーズ戦でラッセル・ウェストブルックと好連係を見せた。球団公式インスタグラムがアリウープで得点を決めた動画を公開。米ファンを「流れが良すぎる」「熱い」と熱狂させている。

 息がピッタリ合っていた。第1クオーター(Q)開始1分30秒過ぎだ。八村は3ポイントライン手前でウェストブルックにパス。そのままスクリーンと見せかけ、相手の間をすり抜けるスリップで中へ走り込んだ。ウェストブルックがふわりとパスを出すと、八村はリング手前でタイミングを合わせてジャンプ。そのままゴールに入れた。華麗なアリウープの完成だ。

 見事なコンビネーションの動画を公開した球団公式インスタグラムは「ラスからルイへ」と投稿。米ファンからは「ラスからルイへの流れは良すぎる」「勝てるぞ」「ルイがいま熱い」「ルイ、素晴らしいプレーだ」「ルイは集中できている」とコメントが寄せられている。

 先発した八村は、37分49秒の出場で22得点、5リバウンド、1アシスト。ウェストブルックは19得点、14リバウンド、14アシストのトリプルダブルを達成した。2年目の八村と年俸40億円とも言われるスーパースターの共演。“ラス&ルイ”のホットラインの活躍もあり、ウィザーズは110-107で2連勝を飾った。(THE ANSWER編集部)