松山英樹がマスターズで単独首位、ラウンド中の1枚とは

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ第3日は10日(日本時間11日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。日本人最多米ツアー通算5勝の松山英樹(LEXUS)が1イーグル、5バーディーの大会自己ベスト65で回り、通算11アンダーで単独首位。PGAツアー公式インスタグラムがラウンド中の“絵になる1枚”を公開すると、米ファンから「凄く集中している」「気合い入ってるな」と歓喜した様子の声が上がっている。

 松山が鮮やかな花の前で佇んでいる。白いウェアで右手を腰に当て、左手にパターを持った1枚。グリーン上で撮られたようで、後ろのバンカーのさらに奥には赤や白の色鮮やかなアザレア(ツツジ)が咲き誇っている。松山は真剣な表情で同組選手のプレーを見ているようだ。

 オーガスタを彩る花との1枚を公開したPGAツアーは「マツヤマ、任務遂行中」と投稿。米ファンから「凄く集中している」「気合い入ってるな」「ヒデキ、もう隠れてる必要はないよ」「頑張れ。この男の時間だ」「かっこいい」「史上最高スイングの一つ」と反響が集まっている。

 米ヤフースポーツによると、マスターズで各日のラウンド終了後に日本人が単独首位に立つのは初めて。2位の4選手と4打差で迎える最終日。ド派手な“絵になる瞬間”を届けられるだろうか。(THE ANSWER編集部)