マスターズ最終日、松山が日本男子初の海外メジャー制覇

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギー、73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝、アジア人初のマスターズ制覇の快挙を達成した。松山の偉業を海外メディアはこぞって速報。「グリーンジャケットはヒデキ・マツヤマのものに」「歴史を打ち立てた」と称賛の嵐が巻き起こっている。

 18番でウイニングパットを沈め、パトロンからスタンディングオベーションで祝福された松山。感極まった表情を浮かべた日本人ゴルファーの偉業を海外メディアはツイッターで一斉に速報した。

 米ラジオ局「FOXニュース」の公式ツイッターは「歴史的勝利 ヒデキ・マツヤマはマスターズのタイトルを勝ち取った。メジャーで最高の栄誉を手にした日本人で初のゴルファーとなった」と評価している。

 米地元紙「ニューヨーク・タイムズ」も「速報 ヒデキ・マツヤマはマスターズを制した初のアジア出身選手となり、ゴルフのメジャータイトルを手にした初の日本人となる」と紹介している。

 カナダ地元紙「トロント・スター」は「ヒデキ・マツヤマは歴史を打ち立てた。1打差でマスターズを優勝し、日本人男子で初のメジャー制覇を達成した最初のゴルファーとなった」と称賛している。

 英公共放送「BBCスポーツ」は「ヒストリー・メーカー グリーンジャケットはヒデキ・マツヤマのものに。マスターズ優勝で、日本人初のメジャー優勝者となった」と評価し、スペイン地元紙「マルカ」の英語版公式ツイッターも「ヒデキ・マツヤマが日本人初のマスターズ優勝者となる」と欧州でも速報されている。

 マスターズは10度目、海外メジャーは33度目の挑戦で勝ち取った快挙は欧米から祝福されている。(THE ANSWER編集部)