早藤キャディー、目澤コーチらとの集合写真を米メディアが公開

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝を成し遂げた。米メディアは、松山を支えたキャディーの早藤将太さんら“チーム松山”の集合写真を公開。米ファンからは「素晴らしい写真」「とても刺激的だった!」などとコメントが書き込まれている。

 このメンバーで、悲願をつかみ取った。優勝の証であるグリーンジャケットに身を包んだ松山。右隣で肩を組むのは、優勝後にコースに一礼した場面が海外メディアから称賛された早藤キャディーだ。両サイドには飯田光輝トレーナー、目澤秀憲コーチが満面の笑み。松山の後ろからは通訳のボブ・ターナー氏が誇らしげな表情をのぞかせている。

 実際の写真を、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」公式ツイッターとインスタグラムが公開。海外ファンからは「よくやった!」「素晴らしい写真」「最高!」「おめでとう! とても刺激的だった!」「見られてよかった」などと反響が寄せられている。(THE ANSWER編集部)