KKT杯バンテリンレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスは18日、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で最終日が行われた。2打差の4位で出た19歳の山下美夢有(みゆう・加賀電子)が7バーディー、1ボギーの66で回り、2位に5打差をつける大会新の通算14アンダーでツアー初優勝。2001年度生まれ2人目の優勝の裏には、同じマネジメント会社に所属する男子ツアー通算48勝・中嶋常幸からもらった助言があった。

 山下が鮮やかに逆転した。前半2番で4メートルのバーディーパットを沈めると、4番パー5は89ヤードから1メートルにつけてバーディー。6番は125ヤードから2メートル、9番は101ヤードから2メートル、11番は100ヤードから3メートルにつけて伸ばした。12番は9メートルをねじ込んでバーディー。15番でも4メートルを入れて5打差の圧勝だ。

 2001年8月2日生まれの19歳。大阪・寝屋川市出身で5歳からゴルフを始め、大阪桐蔭高では全国高校選手権関西大会、関西女子アマを制し、トヨタジュニアW杯で日本代表の団体戦優勝に貢献した。19年11月のプロテストに合格し、中嶋と同じマネジメント会社の所属になった。

 デビューイヤーの昨年は3戦連続予選落ちからスタート。夏に約300万円の弾道測定器「トラックマン」を購入し、アイアンショットの縦距離などを磨いた。身長150センチでドライバー平均飛距離は約240ヤードと物足りない。弱点をカバーしようとオフもアイアンショットに集中していたが、中嶋に「アプローチを練習した方がいい」と指摘されて意識が変わった。

「中嶋プロに言われてから練習方法が変わった」

「ショットを練習していたけど、アプローチを練習するようになりました。合宿でもアプローチの打ち方、最終日の攻め方をアドバイスいただいて。『シーズンでは疲れも出てくるから、基本を重点的に練習すれば大丈夫』と言っていただきました」

 一日の半分はショートゲームを特訓。今年5戦目のヤマハレディースでは初日から第3日まで首位を走り、優勝争いの中心に立った。最終日に稲見萌寧(都築電気)に逆転を許して2位に終わったが、中嶋に「プレースタイルはいいんだから」と励まされて自信に。「グリーンを外しても狙っていける。ショットが曲がっても、それをどうカバーするかが大事。中嶋プロに言われてから練習方法が変わった。本当によかった」と感謝した。

 昨年2勝した笹生優花(ICTSI)に続き、2001年度生まれ2人目の優勝。「(中嶋に)優勝を報告して、今日のよかったところ、足りなかったところを聞きたい」。47歳も年上のレジェンドに臆することはない。成長のため、貪欲に動いていく。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)