オンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」第1部レポートvol.2

 女性アスリートのコンディショニングについて考える、スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト「THE ANSWER」のオンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」が3月14日に行われ、レスリングのリオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダリスト・登坂絵莉選手(東新住建)とフィギュアスケートで五輪2大会連続出場した鈴木明子さんが登場。計200人の応募が集まったイベントをレポートする。

 アスリートの月経問題の発信、啓蒙活動を行っている競泳五輪2大会連続出場した伊藤華英さんをMCに、月経周期を考慮したパフォーマンスの研究・開発に取り組み「THE ANSWER」で連載も手掛けている日体大・須永美歌子教授を講師に迎え、各1時間行われた。今回は、第1部に登場した登坂さんが語った中から「レスリング選手と月経」のパートを取り上げる。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 前半の「体重コントロール」に続き、テーマとして語られたのが「月経」。女性アスリートにとって難しい生理とコンディショニングについて、登坂選手はありのままの経験と想いを語った。

伊藤「登坂選手はこれまで月経についてどう向き合ってきましたか?」

登坂「私は生理痛が重い方でした。中学時代、練習中にいきなりお腹が痛くなって練習がストップしてしまったり、生理前2週間くらいから体に水分を溜めやすくなって体重が思うように落ちなかったり。あとは減量期間中、生理が止まってしまい、試合前日に計量して、ごはんを食べると生理が来るという状況が続いていました。だいたい、試合当日に生理が来る状態。今は(前日計量から)当日計量に変わり、過度な減量がなくなったので、パフォーマンス的には難しい部分もありますが、女性にとっては良いことだと感じています」

伊藤「えっ。それは、いつも生理期間に試合が当たっていたということですか?」

登坂「そうです。だいたい試合の時は生理でした」

伊藤「それって大変ですよね、須永先生」

須永「試合中は経血の心配があり、レスリングも動きが激しいと余計ですよね」

登坂「試合当日、何回もお手洗いに行かないといけないので苦労しました」

 イベント後の取材で登坂選手は当時のエピソードを詳しく明かした。試合と月経が重なっていたのは、本格的に減量を始めた大学入学後から社会人1、2年目まで。

「減量中に生理が止まり、ここ(計量後の食事)で必ず生理が来ることは分かっていたので慣れていましたし、準備ができていました。もちろん、最初はびっくりしましたが。もう少し詳しく話すと、計量が夕方5時くらいにあり、空腹で脱水の状態なので、すぐに食べ物と飲み物を摂ります。ホテルに帰るのが7時くらい。それで7時半くらいになると生理が来ました。たまにその日に来ない日はありますが、朝になると来ています。

 私はパフォーマンス的に問題がなかったので、痛み止めだけ飲んで、お腹が痛くなるのを抑えていました。周りにこういうサイクルの選手はいなかったですね。ただ、リオ五輪まで生理が1年半止まっていました。帰国後、実家に帰ってきた日に生理が来ました。検査してもらっても体に問題はなかったので、それは減量というより精神的な部分が大きかったのかなと思っています。心の周期も影響するんだと私自身、勉強なりました」

多くの女性アスリートは月経サイクルによって心身の変調を感じている【デザイン:野口佳大】

北京五輪と月経周期が重なりピルを服用した伊藤さんの経験談

 イベントではこの後、須永教授がデータを用いた講義を展開した。およそ1700人の学生アスリートを対象とした須永教授の調査によると、「月経サイクルによってコンディションの変化を感じますか?」という問いに「はい」と答えた人はおよそ80%。また、630人のトップアスリートを対象とした国立スポーツ科学センター(JISS)の調査で「はい」と答えた人は全体の91%という数値が明かされた。

 多くのアスリートにとって月経周期とコンディションが密接に関係している事実。その理由について解説した。

須永「月経中は女性ホルモンであるエストロゲン、プロゲステロンが非常に低いですが、月経前にあたる黄体期になると両方のホルモンが増加してくる。女性ホルモンの増減がコンディションに影響してくることが分かっています。月経中はおへその下が痛くなったり、頭痛、吐き気を感じたり、貧血になる人もいます。また、月経前である黄体期には2キロくらい増える人もいます。

 精神的なイライラも影響してきます。女性ホルモンというと、卵巣や乳腺に作用するイメージが強いかもしれませんが、実は筋肉の細胞、神経、腸など、いろんなところに作用するものなんです。女性ホルモンが低くなったり、高くなったりすることでコンディションに影響します。これは女性だけ。男性ホルモンは月の中で増減がないので、影響がありません」

体育系女子大生に行ったアンケートによると、約6割が月経終了後の数日間(卵胞期)が最もコンディションがよいと回答【デザイン:野口佳大】

 続いて月経がコンディションに及ぼす変化についても説明した。

須永「月経周期でコンディションが変化する、しないは個人差が大きいんです。月経前、月経中、月経後で調子が良くなるか、悪くなるかを自分で観察することが大切。『アンケートは調子が良い時はいつですか?』と聞いたところ。60%が『月経終了〜数日後』と回答しています。月経周期で調子が悪くなる時期はどこかという話をしてきましたが、逆に良くなる時期があることもぜひ知って欲しいです。

 また『関係なし』という人もパーセンテージも30%と結構高いです。だから、女性が全員、月経周期でコンディションに波があるかというと、そうでもなく、影響がない人もいます。なので、まずは自分がどうなのか、女性アスリートには自分と向き合って観察してほしいです。指導者であれば、指導している選手がどのタイプなのかを知るということがコンディション管理の面で非常に重要と考えます」

 月経周期をコントロールする上で用いられるものがピル。ここ数年、アスリートも服用する選手が増えていると言われるが、その実情が語られた。最初は、伊藤さんが初めて出場した08年北京五輪で経験したエピソードから。

伊藤「私は北京五輪に23歳の時、競泳が行われる8日間の日程がぴったり月経期間と重なることが分かり、ピルを服用しました。当時はまだアスリートがピルを使用する選択肢がすごく少なく、どのピルにどんな作用、副作用かあるか理解しないまま使ったら、体に合わず、体重が3キロ増えて、ニキビができて、人生で大事な時間に後悔することになりました。それはピルを飲んだことではなく、正しい知識を知らず、急に飲んだこと。競泳はピルを使っている選手が多いのですが、一方で『本当にピルって大丈夫?』と思っている選手もいます。レスリング界はどうですか?」

登坂「最近、レスリング選手も使っている選手は多いです。私は(周期を)整えるために一時期使っていましたが、パフォーマンス的には変わらないと感じていたので、途中でやめました。パフォーマンスに影響が出る選手はピルで対処している印象があります」

避妊薬だけじゃないピルの効果、大会3か月以上からの服用を推奨

 伊藤さんがかつてそうだったように、トップアスリートであっても意外と持っていないピルの知識。中高の部活生ならなおさらだ。須永教授が基礎として覚えてほしい情報を分かりやすく説明してくれた。

須永「ピルというと、初めて耳にするのが中学・高校の保健体育で『経口避妊薬』という言葉。避妊をするための手段として聞く人が多いのではないでしょうか。今は月経困難症、月経前症候群などの治療に使うことがあり、上手に使うことで月経中、月経前のコンディション低下を防げるメリットはあります。一方で、避妊のイメージが強すぎて、嫌悪感を持つ人もいます。ピル自体はお薬なので、もちろん副作用もあります。

 3か月くらい使うと副作用が弱まることもありますが、それも人によって違います。ピルにも何種類かあり、これは合うけど、これは合わないということもあります。まずは月経中、月経前など月経周期によって確実にコンディションが低下するようであれば、まず婦人科に相談すること。それは大会直前ではなく、副作用に対応できる、せめて3か月前、できればオフシーズンに一度試してみるという使い方がいいと考えています」

伊藤「私も引退してから低用量ピルを使ってみたのですが、3か月くらい気持ち悪かったんです。その3か月という期間を考えながら服用していくことが大事なんですね。なぜ、私もピルを急に使ったかというと、生理について男性コーチとあまり話せなかったから。もちろん、1か月に1度、月経が来ることは男性コーチも知ってはいましたが、踏み込んで聞けないし、(男性の)自分の体で起きたことないことを言いづらかったと思います」

須永「私もセミナーで月経の話をすると、男性指導者から『じゃあ、どう伝えたらいいですか?』と聞かれることがあります。それは、指導している対象者の年齢、選手の目的、競技レベルなどで違います。答えを知っているのは指導者自身。例えば、今日の話を聞いて月経がコンディショニングに重要と思ってもらえるなら、そういう前提をきちんと選手に伝えて『だから、月経について話すんだ』と教え、お互い理解すること。そうすることで、男性指導者と女性選手が月経について話すことの抵抗はなくなっていくと思っています」

伊藤「適正体重を維持して無理な減量に走らないために本人は体とどう向き合っていけばいいのでしょうか?」

須永「コンディション管理に体重、体組成、筋肉、体脂肪率の測定をしていくことは、私は大事だと思っています。でも、数字の増減にとらわれすぎないでほしい。『(体重の)数字が下がったから、パフォーマンスが上がる』というのはイコールではない。そこは間違えないでほしいです。日々のパフォーマンスの変化を重視して、その時に体重がどうだったのか、それが月経前、月経後だったのか、しっかり見ていくことが重要です。

 あくまで、体重は後付け。例えば、コンディションが低下した時、何か改善しなきゃいけないという時に一度も体重を量っていなくて、月経周期も見ていなかったら(判断基準が何もなく)原因が目の前にあるかもしれないのに分からなくなってしまう。だから、体重はたくさんある中の一つの要因であることを理解してほしい。まずは目先の数字にこだわらないで、全体を見て判断していってくれたらと考えています」

(「女性アスリートのカラダの学校」第1部レポートvol.3「登坂選手が答えた質問コーナー」に続く)(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)