オンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」第1部レポートVol.3

 女性アスリートのコンディショニングについて考える、スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト「THE ANSWER」のオンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」が3月14日に行われ、レスリングのリオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダリスト・登坂絵莉選手(東新住建)とフィギュアスケートで五輪2大会連続出場した鈴木明子さんが登場。計200人の応募が集まったイベントをレポートする。

 アスリートの月経問題の発信、啓蒙活動を行っている競泳五輪2大会連続出場した伊藤華英さんをMCに、月経周期を考慮したパフォーマンスの研究・開発に取り組み「THE ANSWER」で連載も手掛けている日体大・須永美歌子教授を講師に迎え、各1時間行われた。今回は、第1部に登場した登坂選手が答えた中から「質問コーナー」のパートを取り上げる。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 イベントの最後に行われたのが質問コーナー。事前に参加者から寄せられていたものに対し、登坂選手と須永教授が中心に答えた。現役の中高生世代から男性指導者、保護者まで。それぞれの疑問、悩みに向き合った。

【質問】中学2年生で柔道をやっています。試合前に3キロ減量するのですが、生理が重くて、試合と重なるのがつらいです。登坂さんはどう乗り越えて自己コントロールしていましたか?

登坂「私は生理中、生理痛が一番つらかったので、いつも痛み止めを飲んでいました。パフォーマンスにあまり影響が出なかったので、私の場合は痛みを抑えれば問題なかったです。もしパフォーマンスに影響が出るなら、試合を重ならないように、先ほども話に出たピル(レポートVol.2参照)を考えてみるのも手かもしれません。ただ、合う合わないがあるので、しっかりと婦人科で相談してほしいです。あと私が生理中に一番気になったのがナプキン。私はタンポンを使って、問題はクリアにしていましたが、やっぱり気になりました」

伊藤「須永先生、今回は中学2年生の相談でしたが、ピルはもう使用できるんですか?」

登坂「確かにそうですね。聞いてみたいです」

須永「WHOでは初経発来後から開始して良いことになっています。しかし、日本における低用量ピルの添付文書では骨成長が終了していない可能性がある場合には禁忌とされています。骨成長の終了は、平均で15歳くらいですが、成長には個人差がありますし、婦人科医と相談の上、服用するかどうか決めていただきたいです」

伊藤「なるほど。やはり、私も婦人科の診断をオススメしたいです。専門的な立場にいる先生と相談していくことで答えが見えていくと思うので」

【質問】女性アスリートの諸問題について男性コーチが学んだ後、どう行動に移せばいいでしょうか。思春期の子供、親御さんに影響が出るのではないかと心配になります。

登坂「私の周りにも生理について全く問題なく話せる子と、あまり触れられたくない、言いづらい子もいるので難しいですよね。ただ、パフォーマンスが良くなかった時に選手がコントロールできない部分で何かが起きている可能性もあります。指導者の先生がちゃんとそれを把握しているということが分かるだけでも、選手は気が楽になるかなと感じます」

須永「まずはその子によるということ。選手の性格や状況。ただ、男性コーチが月経周期によってコンディションが変化すると知ったからといって、その視点ばかりで見てはいけないと思います。コンディションの良し悪しの原因は決して月経だけではありません。何かにつけて『生理か?』という聞き方は好ましくないし、なんでも生理のせいにするのも良くありません。パフォーマンスが低下した場合、女性アスリートは原因の一つに月経がありますが、食事かもしれないし、友達との喧嘩かもしれないし、いろいろある。そういう視点を男性指導者に持ってもらいたいです」

「試合中の経血が漏れないか気になる」と不安を抱える学生選手の悩み

伊藤「そもそも月経期間で、パフォーマンスは変わるものなんですか?」

須永「これも、人によります。痛みが強い人は落ちるし、フォームが変わるかもしれません。お腹が痛いと前かがみになってしまうので。でも、PMS(月経前症候群)の症状が強い人は、生理が始まると逆にコンディションが良くなる人もいいます。月経は基本的に病気ではないので。そこで運動を中止しなければいけないという前提はないです」

【質問】今後、低用量ピルの服用を考えています。まず、最初のステップはどうしたらいいのでしょうか?

須永「まずは信頼でき、頼れる婦人科を探すこと。お母さんが行っている病院でも構いません。できれば、アスリートの練習状況も理解してくれる人と出会えるといいですが。まずは婦人科を受診し、ピルを飲むことが本当に必要か、そうじゃないかを見極めてほしい。そして、試合前に急に行くのではなく、大切な時期の3か月前くらいには受診することを勧めます。本当に飲むか飲まないかは親、指導者と相談して決めてもらいたいです」

伊藤「現場にいると、選手だったら最初にコーチに言うか、病院に言うか考えますね。私の場合はコーチに相談する前に病院に行って、その後、コーチに報告しました。コーチとの関係性もあると思いますが、でも飲むなら言った方がいいですよね」

須永「(ピルの服用で)コンディションにまた影響してくるかもしれないですし、副作用も人によっても薬によっても違う。ピルに関わらず、薬を服用することがあれば、指導者に必ず伝えた方がいいと思います」

【質問】試合中に経血が漏れて、ユニフォームに付かないか気になり、不安になる時があります。長時間、お手洗いに行けない時、登坂選手は漏れないようにする工夫はどうしていましたか?

登坂「私はタンポンをつけると、そこまで漏れることはありませんでしたが、すごく心配な時はタンポンに夜用の大きいナプキンをつけました。本当に(経血が)多い人は多い。タンポンとナプキンをつけても(心配)という子もいる。そういう場合はピルが望ましいのでしょうか?」

須永「確かにピルを服用すると経血の量は減ります。最近は吸収型のサニタリーショーツもありますね。夜用のナプキンで1〜2時間、持たないくらい経血が多いようであれば、過多月経の可能性もありますし、貧血につながることもあるので、婦人科を受診することをオススメします」

【質問】器械体操をしている娘が体重が増えるのを嫌って、サプリメントのダイエット商品に目が行きがちです。体が大事で、食事をきっちりすることに目を向けてほしいけど、親の言うことを聞かない年頃。どうアプローチしたらいいでしょうか?

須永「まず(体作りは)食事が基本。サプリメントの考え方としては、食事で補えない分を補うものです。食品は凄いもので、ごはんというと糖質のイメージが強いかもしれませんが、ビタミンB1、B2、たんぱく質も含まれている。糖質をエネルギーにするためにはビタミンの働きが必要ですが、サプリメントは単体でしか栄養素が摂れません。

 いくつものたくさんの栄養素が関連し合って、人の体に役立ちます。サプリメントだけで人間に必要な栄養素を補うのは難しいと思いますし。ドーピングの観点からしても、いろんなサプリメントがあり、科学的に検証されているか、ドーピングに引っ掛からないか。それが分からないなら摂らない方がいい、食事から栄養素を摂ることを考えてほしいです」

伊藤「特に思春期に体重を増える時期、器械体操のようにコントロールしければいけない競技では、そういう方向に目がいきがちです」

登坂「私もそうなりそうな時期がありました。体重のことばかり考えていると、ごはんじゃなく、これ(サプリメント)だけ飲めばという考えになりますが、須永先生が言うように食事が基本。食事を外すという考え自体を選択肢からなくして食事をどうしていくかを考えるのが一番だと思います」

登坂選手が最も勉強になったピルの知識「若い子に伝えやすくなった」

 こうして活発に互いの経験、考えを交わした1時間。最後に登坂選手と須永教授からメッセージを送った。

 登坂選手は「イベントの中で私の減量法も伝えましたが(レポートvol.1参照)、それ(短期的な減量)をマネするのではなく、私の場合は長期的な減量が合わず、私のやり方にたどり着いたので。基本は専門の先生と相談して、長期的に落としていくことが体にとっても良いと思っている。『このアスリートがこの減量だから』と言って、そのまま選択するのはしてほしくないと思っています」と改めて呼びかけた。

 一方、須永教授は「イベントに参加している方が少しでも(指導者から)選手だったり、(保護者から)娘さんだったりに言ってみようと思えることがあればうれしいです」と語り、さらに「今日は私自身も貴重な話を聞けて、勉強になりました。私も研究者として、新しい知見を世の中にどんどん発信して、スポーツ現場で使ってもらえるように努力していきます」と締めくくった。

 イベント終了後に取材に応じた登坂選手。

 今回参加した理由について「中高生くらいの子たちの方が生理に抵抗ある。でも、女性に当たり前にあること。そこを恥ずかしがる必要はないし、もっと理解を深めて競技、生活のプラスにしてもらえたら」と明かし、「私自身、自然に生理や減量と付き合ってきて、あまり考えたり勉強したりしたことがなかった。女性アスリートのコンディションを考えるきっかけになり、すごく勉強になった」と充実した表情で語った。

「最も勉強になったこと」については質問コーナーのトピックを挙げた。「ピルは私も使ったことありますが、人によって副作用は違う。私もピルを使い始めたのは25歳くらい。若い子がいつから使えるか知らなかったし、そういう知識も教えてもらい、今度は聞かれた時に選択肢を挙げ、メリット、デメリットもあると伝えやすくなりました」と話した。

 その上で、今回の参加者に「一番伝えたいこと」として、改めて想いを語ってくれた。

「中高生は過度な減量をしないでほしいです。目先の結果だけじゃなく、長い目で一人の人間として考えてほしい思いがあります。また、私は生理が止まったことがありましたが、『別にいっか』と思っていた部分がありました。今になってみると、もっと真剣に考えないといけない問題でした。来なきゃいけないものがこないのは大変なこと。そういうことがある子は一度病院に行って、対処法を見つけてほしいと思います」

(終わり)(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)