オンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」第1部レポートvol.1

 女性アスリートのコンディショニングについて考える、スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト「THE ANSWER」のオンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」が3月14日に行われ、レスリングのリオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダリスト・登坂絵莉選手(東新住建)とフィギュアスケートで五輪2大会連続出場した鈴木明子さんが登場。計200人の応募が集まったイベントをレポートする。

 アスリートの月経問題の発信、啓蒙活動を行っている競泳五輪2大会連続出場した伊藤華英さんをMCに、月経周期を考慮したパフォーマンスの研究・開発に取り組み「THE ANSWER」で連載も手掛けている日体大・須永美歌子教授を講師に迎え、各1時間行われた。今回は、第1部に登場した登坂選手が語った中から「レスリング選手と体重コントロール」のパートを取り上げる。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 現役五輪金メダリストを迎えた第1部。オリンピック競技では、柔道、空手、テコンドー、ボクシングなどとともに階級別競技に分類されるレスリングにおいて「体重コントロール」の重要性に迫った。

伊藤「まず、レスリング選手にとって『体重コントロール』とは、どのようなものなのでしょうか?」

登坂「体重コントロールはレスリングを始めた頃からずっとやっています。生活の一部という感じ。毎日量って数字で見ることはないですが、なんとなく“これを食べたら、このくらい増える”という感覚を持っています。レスリングを含め、階級別競技は試合前に計量があり、階級ごとに指定の数字まで落とします。減量は試合に出るために当たり前のことですが、私の感覚では“試合前の試合”のようなもの。そこから戦いが始まっています」

伊藤「登坂選手は食べることが好きと聞きますが、減量時はどのくらいの期間で何キロを落とすのですか?」

登坂「多い時は1か月で7キロ落としていました。一番はリオ五輪にかけての期間です。リオ五輪までは計量が試合前日にありましたが、それ以降はルールが変わり、当日計量になりました。なので(前日計量に比べ、リカバリーをする時間が少ない分)今は過度な減量があまりできず、1か月で3、4キロをゆっくり落としていく形を取っています」

伊藤「競泳では、そんなに体重をコントロールすることがないので、そういう話を聞くとビックリです。私はむしろ、落とさないようにとにかく食べる感じでした。ちなみに、減量は具体的にどうしていたのでしょうか?」

登坂「1か月前に(減量期間に)入るとしたら、脂質を削った食事から始めます。野菜に白身魚、鶏の胸肉、ささみを中心に食べていく。そうすると自然とだんだん体重が落ちてきます。それで試合数日前から厚着して(汗で)水分を出すというやり方をしています」

 最大で1か月に7キロ減量するというレスリング選手の体験談を語った登坂選手。これを受け、体重管理に悩むアスリートの現状について、須永教授が解説した。

須永「女性だけでなく、男性アスリートも目標体重を自分なりに持っていて、それに合わせていく。それでコンディションを調整するのは多くの選手がやっています。体重測定の前は水を摂らない、ツバまで吐いて水分を体の外に出そうとするくらい、必死になる選手もいるのが現状です。階級別競技の場合は(規定の)数値がありますが、陸上、新体操などは目標体重が“なんとなく”で決められていることが多いと感じることもあります」

中学時代は太っても減量せず「目先にとらわれず、将来を考えることも大切」

 さらに、登坂選手の減量法を掘り下げた。

伊藤「これまで減量がうまくいかなかった経験はありますか?」

登坂「減量の失敗は1度だけ。リオ五輪前の最後の試合です。それまで短期間で落とす減量をしていたのですが、五輪前に長期的な減量やってみようと。専門の方に見てもらい、2、3か月かけて減量しました。ただ、体重を落とすこと自体はうまくいきましたが、いざ戦うとなったらパワーが出なくて負けてしまったんです」

 登坂選手の経験に対し、須永教授は「一般的に、体脂肪を燃焼させて体重を落としていく場合は長期的に取り組んでいくことが重要。ただ、登坂選手もパフォーマンスがうまく伴わないところがあったように、レスリングの減量は独特なのかなという印象を持ちました」と語った。

 また、ネットなどに減量にまつわる情報が溢れる現状を踏まえ、登坂選手は「減量は人それぞれの方法があります。私も減量は体にとっては長期的にやった方がいいと思っています。私の体には長期的なものが合わなかっただけ」と安易に流されない意識の大切さを説いた。

伊藤「アスリートの減量もダイエットのイメージに結びつきがちですよね。自分に合ったコントロールを探すことが大切ですね」

須永「誰かが『これをやったから、何キロ痩せた』と言っても同じ成果は出ないこともあると思います。登坂さんは先ほど『これを食べたら、このくらい増える』と感覚で分かると言っていました。これが重要だと思います。そうすることによって、何をどれくらいやれば、どのくらい痩せるか太るか分かってくると、良いコンディションで体重を調節していくことができます」

伊藤「レスリング以外にも階級別競技があり、体が軽い方が有利とされる競技もあります。無理に減量したら、体にどんな影響がありますか?」

須永「体重を減らすには最終的に水分を減らすことが有効と考えられています。でも、頑張りすぎて脱水になると血液の循環が悪くなり、かえってパフォーマンスが低下します。水分を抜くために塩分を減らすと、低ナトリウム血症になり、疲れやすくなったり、足がつりやすくなったりしまいます。なんといっても女性アスリートの場合は減量のしすぎで、無月経になることも……。その辺については十分注意してほしいです」

 逆に須永教授からも登坂選手に質問が。

須永「子供の頃から努力して、今は金メダルを獲るまでに成長しました。中学生の頃は体が成長して、身長とともに体重も増えたと思いますが、その点はどう向き合っていましたか?」

登坂「中学時代はどんどん体重も増えました。それで、階級を上げると結果を出せないから、体重を落とす選手が周りは多かったです。でも、私は目先のことだけじゃなく、将来を考えてコーチと話した結果、体重を落とさない選択をしました。なので、中学時代は減量せず、太ったら(体重が増えたら)その階級で出るというスタンス。その分、思うような結果を出せないことも多かったですが、目先にとらわれず、将来を考えることも大切。中学生はもちろん、高校生もですが、体重を落とし過ぎるのはどうなんだろうと思う部分はあります」

初潮を迎える時期に無理に食事制限をすると起こり得る弊害とは

 その後は「月経」のトークを挟み、後半には質問コーナーを実施。減量についても寄せられ、登坂選手の経験とともに伊藤さんと須永教授の見解、分析も語られた。例えば、こんな質問。

――器械体操をしている娘は食べ盛りの中学3年生。食べたいものが世の中に溢れ、誘惑に負けないようにしていることがあれば教えてください。

登坂「私も意志が弱い部分があり、甘いものが大好きで誘惑もたくさんあります。なので、減量中は『買わない』『目にしない』が一番。持っていたら、どうしても部屋で食べてしまうので、五輪前も後輩にチョコレートなどを預けていました(笑)。目の前にあると『1個なら……』とどうしても手が出てしまいがち。なので、目にしない工夫ができるといいのかなと思います」

伊藤「登坂さんは中学時代、食べ物への意識はどうだったのですか?」

登坂「あまり減量していなかったので、結構好きなものを食べていました(笑)。中学生は本当に自由な生活。あまり縛られず、やりたいようにやらせてもらっていたと思います」

伊藤「指導者の方がそのような判断をされたのは今思うと大切なことだったんですね、須永先生」

須永「そう思います。『子供のうちに太ったら、大人になっても太る体質になる』と言って、小学生くらいから減量を勧める親、コーチを目にすることもあります。でも、そうすると、伸びるはずの身長が伸びないなど、成長が制限される危険性があることは理解してほしいです。登坂選手の中学時代のように背が伸びれば、体重が増える。それに合わせて階級を選ぶという選択は非常に重要だと思います」

伊藤「女の子の身長は何歳まで伸びるものですか?」

須永「初潮を迎える直前に一番ぐっと伸びて、初潮を迎えるとだいぶ落ち着くと言われています。伊藤さんはどうでしたか?」

伊藤「ホントにそうです! 中学で20センチ伸びました。高校で4センチくらい。体重制限はしていませんでしたが」

須永「初潮を迎えるのは平均12歳と言われています。そこで無理に食事制限をすると、もしかしたら伸びるはずだった身長が伸びなかったり、生理が止まって骨が成長しなかったり、そういう弊害があるのではないかと考えています」

「体重コントロール」のパートでは自身の経験と、次世代の選手たちにアドバイスをしてくれた登坂選手。イベント後には取材に応じ、改めて競技に励んでいるジュニア世代に自分の体と向き合う大切さを訴えた。

「私の減量法を話しましたが、短期的に落とすことは私自身が正しいと思っているわけではなく、私に合っていたというだけ。仕方なくやっている面もあります。間違いなく、体にとっては普段から体重コントロールをしっかりして、専門家と長期的にやっていくことが一番です。私のようにアスリートの立場で発信してしまうと、それが正解に思われてしまう。そこは間違えてほしくない。なので、自分に合ったやり方を見つけてほしいです」

(「女性アスリートのカラダの学校」第1部レポートvol.2「レスリング選手と月経」に続く)(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)