WBO世界フェザー級タイトルマッチ、4度ダウン奪いナバレッテ初防衛

 ボクシングのWBO世界フェザー級タイトルマッチが24日(日本時間25日)、米フロリダ州キシミーで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同級6位の挑戦者クリストファー・ディアス(プエルトリコ)を12回TKOで撃破。初防衛に成功した。ナバレッテの戦績は33勝(28KO)1敗。4度のダウンを奪う完勝だったが、米興行大手「トップランク」は4回に左アッパーで倒したダウンシーンを動画付きで公開。称賛を集めている。

 技ありの一撃だった。4回残り40秒、リングの中央でナバレッテが仕掛けた。フェイントを入れて、打ち抜いたのは左のアッパー。弾むように勢いをつけた一撃で、わずかに空いたガードの隙間を通して顎を打ち抜くとディアスはたまらず崩れ落ち尻餅をついた。

 ナバレッテの高い技術とパンチ力が垣間見えたダウンシーン。トップランクは公式ツイッターに「ナバレッテが左アッパーカットでリード。良い」と添えて動画付きで投稿すると、米ファンからは「オーマイガー」「美しい」「エグい!」「神のアッパーカット」「終わりの始まりとなるアッパーカット」「本当にナイスな一撃」「フェイントも美しい」などと喝采が起きている。

 12ラウンドにはロープ際に詰めてきっちりとフィニッシュ。スーパーバンタム級で5度タイトルを防衛後に返上。昨年10月に2階級制覇を達成し、これが初防衛戦だった。(THE ANSWER編集部)