6年間で10冠、サラリーマン監督が語る結果を出し続ける秘訣とは

 明大サッカー部を率いて6年間で10個のタイトルを獲得した栗田大輔監督が書籍「明治発、世界へ!」(竹書房)を発売した。

 栗田監督は2015年の監督就任以来、19年に5冠、20年にリーグ2連覇を達成するなど明大を大学最強のチームへと育て上げた。また育成の面においても19年度9人、20年度12人をはじめ、50人以上のプロ選手を輩出してきた。

 大手ゼネコンのサラリーマンという肩書も持つ栗田監督。近年の大学サッカー界をリードする明大サッカー部を率いて結果を出し続ける秘訣や、世界で戦える強い個人の育て方、社会人として培った経験をもとにした人間教育、勝負に対するこだわり、そして大学サッカーの未来などが、余すところなく語られている。

 巻末には明治大サッカー部OBの対談企画も収録。なでしこジャパンを率いて世界一に輝いた佐々木則夫氏との指導論や、教え子で現在Jリーグ・FC東京でプレーする中村帆高と蓮川壮大との対談も収められている。

【書籍概要】

■「明治発、世界へ!」
著者:栗田大輔監督
発行日:4月30日
定価:1,600円(税別)
発行元:竹書房(THE ANSWER編集部)