トップランク社が正式発表

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、6月19日(日本時間20日)に米ラスベガスでIBF同級1位のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)と防衛戦を行うと、米興行大手・トップランク社が正式発表した。また、WBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)が、6月26日(同27日)に元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦することも発表された。

 井上は昨年10月の米ラスベガスデビュー戦で、挑戦者のジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回KO勝ちして以来の試合となる。戦績は20勝(17KO)無敗。ダスマリナスの戦績は30勝(20KO)2敗1分。

 中谷は昨年12月、フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)に2度ダウンを喫しながらも逆転で9回KO勝ち。同級ではWBCで7位、IBFで10位につけている。戦績は19勝(13KO)1敗。ロマチェンコは昨年10月にテオフィモ・ロペス(米国)との4団体統一戦に判定負け。中谷との試合で再起を図る。戦績は14勝(10KO)2敗。(THE ANSWER編集部)