連載「女性アスリートのカラダの学校」第27回―「減量目的の下剤使用の危険」

 スポーツを習い始めたばかりの小学生、部活に打ち込む中高生、それぞれの高みを目指して競技を続ける大学生やトップカテゴリーの選手。すべての女子選手たちへ届ける「THE ANSWER」の連載「女性アスリートのカラダの学校」。小学生からオリンピアンまで指導する須永美歌子先生が、体やコンディショニングに関する疑問や悩みに答えます。第27回は「減量目的の下剤使用の危険」。

 ◇ ◇ ◇

 体重増加を気にする選手たちのなかには、食べる量を極端に少なくする人もいれば、食べたものを無理矢理出す、という選手もいます。

 ある大学生の女性アスリートの話をしましょう。大学1年生のAさんは気温の高い日の練習中、グラウンドで倒れてしまうことが数回ありました。

 そこで、女性コーチがコンディションについて尋ねると、暑い日の練習が苦手で、すごく汗をかく日もあれば、うまく汗が出ない日もある、とのこと。また、実は高校時代から生理不順が続き、大学入学後は生理が止まっていることがわかりました。

 さらに、普段の食事の内容を尋ねると、食べる量に波があり、内容も偏っていることがわかります。コーチがもう一歩、踏み込んで話を聞くと、「体重を減らしたくて、高校時代から下剤を飲み続けている」と告白。Aさんの高校の監督は体重管理が非常に厳しく、体重に波のあった彼女は、「使うと楽だよ」とチームメートに勧められるまま下剤を使い始め、計測時に体重を落としていたそうです。

 高校時代から常習していたせいか、「下剤なしだとうまく出ない」とAさん。重い便秘に悩み、服用する薬の量も増えていました。

 下剤は、便秘に苦しんでいるときに、一時的な助けになる薬です。当然、「体重を減らしたいから」という理由で手を出すものではありません。

 下剤を使われた方は身に覚えがあると思いますが、服用すると少し水分の多い便が出ます。これは、本来、出さなくてもよい水分、そしてミネラルなどの電解質が便と一緒に出てしまうためです。体内に必要な水分が排出されるため、脱水になる恐れがあります。

 脱水になるということは、熱中症と同じ症状が起こるリスクがあり、特に運動時は非常に危険です。また、脱水を起こすと、血液中の血漿量が少なくなり、筋肉に酸素を運ぶことがうまくできなくなります。すると、体の動きが悪くなる、脚がつりやすくなる、体温調節がうまくいかなくなるなど、コンディションやパフォーマンスの低下にもつながります。

 また、下剤を使うと、食事から摂った栄養素も、体が吸収する前に便として出てしまいます。つまり、スポーツをする体に必要なエネルギーや、体を効率よく動かすために必要なビタミン、ミネラルなどの栄養素も外に出るため、アスリートにとってマイナスでしかありません。これは、下剤を使用したときだけでなく、嘔吐をしたときも一緒です。

生理のサイクルの影響でも起こる便秘

 もう一つ、Aさんの話で気になるのは、高校時代から体重に波があった、という点です。便秘の原因は腸内環境や生活のリズムの崩れ、精神的なものなどさまざまありますが、女性の場合、生理のサイクルの影響による便秘もあります。

 生理前の女性は体のシステム上、体内の水分量が上がるうえ、便秘になりやすい傾向があり、これが、月経前に体重が増える原因の一つです。便が出ないのでお腹は張り、体はむくみ、体重は増える。本当に一時的なものですが、「どうしよう太ってしまった」と不安になり、下剤を飲んだり食事を抜いたりという行動に出てしまいます。

 生理のサイクルによる便秘やむくみの一番の対策は、しっかりと自分の生理周期を把握し、不安をなくすことです。「生理前は便秘になりやすいな」と知っていれば、便秘気味になっても、「生理がくればスッキリするから下剤を飲まなくても大丈夫」と落ち着いて対応できます。

 もちろん、長く続くような深刻な便秘は健康を害する恐れがありますが、体重を落とすために下剤を使う、というのは大きな間違いです。また、下剤を常習する選手は、無月経やケガが多いなど、様々な問題を抱える傾向がみられるため、安易に使用しないでください。

 Aさんはその後、コーチに付き添われ、病院を受診。しばらく休部し、専門家の指導の下、下剤乱用の中断に取り組むことになったそうです。

 どんなに厳しい指導者でも、下剤を飲んででも体重を落とせ、競技を続けろ、と考える方はいないはずです。また、競技には関係なくても「痩せたい」「可愛くなりたい」などという気持ちから、安易に下剤に手を出すのも、本当に危険です。

 体重のコントロールに悩んでいたら、まずは生理のサイクルと体の変化の関係や、食生活の見直してみましょう。そして、一人で抱えず、指導者にも相談してください。もし、監督やコーチには話にくいと感じているならば、保健室の先生や家族など、あなたが信頼し、安心して話せる人に必ず、打ち明けてくださいね。(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

須永 美歌子
日本体育大学教授、博士(医学)。日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、日本陸上競技連盟科学委員、日本体力医学会理事。運動時生理反応の男女差や月経周期の影響を考慮し、女性のための効率的なコンディショニング法やトレーニングプログラムの開発を目指し研究に取り組む。大学・大学院で教鞭を執るほか、専門の運動生理学、トレーニング科学の見地から、女性トップアスリートやコーチを指導。著書に『女性アスリートの教科書』(主婦の友社)、『1から学ぶスポーツ生理学』(ナップ)