母国メディアのインタビューで引退後のプラン告白

 フィギュアスケートの2014年グランプリ(GP)ファイナル&15年世界選手権女王エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は、25歳で迎える2022年北京五輪の出場にも意欲を示している。3月の世界選手権で銀メダルを獲得するなど充実した2020-21年シーズンを送った。母国メディアは、現役への想いなどを報じている。

 女子フィギュア界ではベテランとされるが、若手に負けじと活躍を続けている。そんなトゥクタミシェワについて、ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」がインタビュー記事を掲載。「『私は典型的なリーザを覆した』トゥクタミシェワがシーズンの結果と五輪へのプランについて」と見出しを打って伝えている。

 トゥクタミシェワは引退後にコーチになる可能性について問われると、「全く分かりません。もしかして、コーチ、それとも何かメディア関係の仕事か。でも、コーチであるのはいつの日か確実に見ます。よく考えてみましょう」と答えた。続けて「あなたは、あとどれくらいスケートをするつもりですか?」との質問には、こう答えている。

「私の体が許す限りです。私は今、オリンピックに行きたいです。来シーズンがどうなるか、よく見てみましょう」

 25歳で迎える北京五輪出場にも意欲。金メダル候補に挙げられるカミラ・ワリエワ(ロシア)が現在15歳であることを踏まえ、インタビュアーから「15歳当時にできていたが、今はできないこと」を聞かれた。「私は進歩しかしていません」と答え、こう続けた。

飽くなき向上心「単純にフィギュアスケートのため…」

「もしかしたら、15歳の時のほうがプログラムを滑り切るのは、より楽だったかもしれません。確信はないですけどね。でも、15歳の時、私は今と同じことをすべてやっていました。今はより多くのことさえできています」

 世界選手権で優勝したアンナ・シェルバコワ、同3位のアレクサンドラ・トルソワなど、母国では4回転ジャンパーが次々と台頭。トゥクタミシェワも挑戦を続けている。記事では「単純にフィギュアスケートのために、そして自分のために、さらにより多くのことをしたいです」とコメント。現役への想いについてこう明かした。

「自分の後に良い足跡を残し、『これですべてです。私はできることすべてをやって、これ以上何もできません。終わっても構わないです』と言うために」

 これからも飽くなき向上心で挑み続ける。(THE ANSWER編集部)