オンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」で鈴木明子さんが語ったこと

 女性アスリートのコンディショニングについて考える、スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト「THE ANSWER」のオンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」が3月14日に行われ、レスリングのリオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダリスト・登坂絵莉さん(東新住建)とフィギュアスケートで五輪2大会連続出場した鈴木明子さんが登場。計200人の応募が集まり、大盛況のうちに終わった。

 第2部に登場した鈴木さんはこれまでも高校卒業後に患った摂食障害、シーズン中に陥った無月経など、自身の経験から女性アスリートとフィギュアスケート選手の健康問題について定期的に発信してきた。彼女がそこまで未来のアスリートの健康問題に声を上げ続ける理由は何なのか。今回のイベントを取材した編集部記者が迫り、鈴木さんの思いをひも解いた。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 学びの詰まった1時間だった。女性アスリートのコンディショニングを考えるイベント。そのゲストとして鈴木さんに登場してもらった。MCの元競泳五輪代表・伊藤華英さん、講師の日体大・須永美歌子教授とのディスカッション。

 現役時代を振り返った鈴木さんの話の中に、心に留まる言葉がいくつもあった。

――摂食障害について。

「『太ったらジャンプを跳べなくなるよ』と言われ、『太ること、成長することが悪』と刷り込まれていました。(中略)次第に食べることが怖くなり、体重が増えることでダメな選手とレッテルが貼られてしまうと思うようになりました」

――無月経について。

「『生理が止まっているから追い込めている』『あ、今年も私は頑張れているんだ』と良くない頑張り方になっていました。生理が来ることが良くないと思っていたこと、あまりに自分が知らなかったこと。それが一番、恐ろしいことです」

 どんな過去も、画面の向こうにいる視聴者に向け、感情を込めて伝える姿が印象的だった。

 鈴木さんには、昨年から「THE ANSWER」で女性アスリートの健康問題にまつわる連載をお願いしている。昨今、こうした発信はスポーツ界で増えているが、掲載のたびに大きな反響が届いているという。

 ここで、イベント後に聞かせてもらった話を紹介したい。

 連載開始後、多くの知人や関係者から連絡をもらい、嬉しさを感じた一方、気になったのは「よく言ったね」という声が多かったこと。「私としては『なんで言ったらダメなの?』と。まだ世の中がこういう話題をオープンに話せるところにまで来ていない現状を肌で感じました」と振り返る。

伊藤華英さん(左上)、須永美歌子教授(右上)とともにオンラインイベントに参加した鈴木さん【写真:編集部】

「病気を使った売名」と中傷された過去「誰か一人でも救えるなら、それでいい」

 しかし、女子選手の健康はフィギュアスケート界で現在進行形の課題である。

「特に体重は切っても切り離せない競技。今は子供たちが4回転ジャンプやトリプルアクセルに当たり前に憧れる時代ですが、健康な体があってこそスポーツができる根本を忘れないでほしい。必要になるのは選手、指導者、保護者という3者の連携。特に、大人が気づいてあげてほしいです」

 その言葉にはっとさせられた。例えば、高校野球では球児が肩や肘の怪我を押して投げることを「熱投」など、美談として取り上げることを抑制し、中高生の健康を守る機運が高まっている。選手を守る「大人」は私たちのようなメディアも含まれる。

 そんな話をすると、鈴木さんも頷きながら「私が一つ気になるのは……」と選手を取り巻く環境について口を開いた。

「フィギュアスケートも人気が出て、YouTubeで当たり前に演技が見られ、メディアに取り上げていただき、それはありがたいこと。一方で、SNSで顔も名前も分からない方から、いろんな声が届く時代。例えば、『あの子、太ったね』というほんの一言。それを選手も見る可能性もあります。

 10代の選手もエゴサーチしたら目にすることもある。良い言葉も悪い言葉も届いてしまうかもしれない。だから、もしフィギュアスケートを応援する思いを持っていただけるなら、第三者の何気ないひと言も選手の一生を左右するかもしれないことを想像してもらえたらと思うんです」

 フィギュアスケートの特に女子は選手としてのピークが10代中盤から20歳前後といわれ、他の競技と比べても低い。その分、トップ選手であっても人格的に未熟なうちに様々な声に触れ、影響されるリスクは大きい。だから、大人が守ってほしいというのが彼女の願いだ。

 鈴木さんはある経験を打ち明けた。「私、摂食障害のことを売名だと言われたことがあるんです」と。

「現役時代、五輪を目指す立場になり『摂食障害からの復帰』という経験にメディアに興味を持たれました。それを良く思わない方もいて『病気を使った売名行為だ』と言われたことがあります。それは、すごく衝撃でした。私は病気のことを言ってはいけなかったのかと感じました」

 心ない中傷を受けた過去。しかし、今は「いろんなことを発信する立場になり、売名と言われようがなんだろうが、誰か一人でも救えるなら、それでいいと思っています」と言う。どんな過去も明るく前向き話す裏側にあった想いに、胸を打たれた。

「選手の時はそういうひと言にすごく傷つき、私も『なんで、頑張っているのに否定されるんだろう』と思ったことはたくさんありました。そういうSNSの使い方についてはもちろん、選手は使い方に気を付けるべきですが、応援する皆さんもその優しさを持ってくれたらと思います」

 救えるなら、誰か一人でもいい。鈴木さんはスポーツ界に生きる「大人」の一人として、これからも女性アスリートの健康問題を伝え続ける。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)