レッドソックス戦で久しぶりに外野へのシングルヒットを記録

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レッドソックス戦に「2番・DH」で先発出場。5回の第3打席に左前安打を放った。大谷が単打を放つのは、6月25日(同26日)のレイズ戦以来、39打席ぶり。この時はセーフティーバントで記録しており、外野への単打となると6月14日(同15日)のアスレチックス戦の第2打席以来、なんと77打席ぶりとなった。

 大谷が久しぶりすぎる単打を放った。5回1死二塁の第3打席。相手左腕ペレスが0-2から投じた内角の球を、やや詰まりながら左前へ運んだ。二塁走者のロハスはホームへ。セーフと判定されたが、ビデオ判定の結果アウトとなり、タイムリーにはならなかった。

 実際の映像を米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。最近の大谷は、前日まで7戦7発を記録するなど長打を量産しており、単打は先月25日(同26日)のレイズ戦以来、39打席ぶりとなった。

 なお、この時の単打はセーフティーバントによるもの。16日(同17日)のアスレチックス戦でもセーフティーバントでヒットを記録しており、外野への単打となると14日(15日)のアスレチックス戦の第2打席で放った中前打以来、77打席ぶりとなった。この間、本塁打は14発放っている。ツイッター上の日本人ファンからは「大谷って単打打てたんだ」「いつぶりだw」「ホームランより珍しい単打が出た」「非常にレアな単打」などと反響が寄せられている。

【6月14日以降の大谷の打撃成績】

14日アスレチックス戦 5打数1安打(単打)
15日アスレチックス戦 4打数1安打(本塁打)
16日アスレチックス戦 4打数2安打(本塁打、単打※)
17日タイガース戦 1打数無安打2四球
18日タイガース戦 5打数2安打(本塁打、本塁打)
19日タイガース戦 4打数1安打1四球(本塁打)
20日タイガース戦 4打数1安打1四球(本塁打)
22日ジャイアンツ戦 3打数無安打1四球
23日ジャイアンツ戦 3打数無安打
25日レイズ戦 4打数2安打(本塁打、単打※)
26日レイズ戦 3打数1安打1四球(二塁打)
27日レイズ戦 4打数3安打1四球(二塁打、三塁打、本塁打)
28日ヤンキース戦 5打数1安打(本塁打)
29日ヤンキース戦 5打数2安打(本塁打、本塁打)
30日ヤンキース戦 1打数0安打
2日オリオールズ戦 4打数2安打1四球(本塁打、本塁打)
3日オリオールズ戦 2打数0安打3四球
4日オリオールズ戦 4打数1安打(本塁打)

※はセーフティーバントでの安打(THE ANSWER編集部)