CBCレポーターが日本で撮影した映像を公開

 東京五輪を取材する各国のメディア関係者は、行動制限がある中で活動している。そんな中、海外レポーターは道中で見かけた柴犬に注目。顔を車の窓からひょっこりと出す映像を自身のSNSに公開し「日本が大好きです」と日本語でつづっている。

 日本犬を見かけて癒されたようだ。映像をツイッターに公開しているのは、カナダの公共放送局「CBC」でレポーターを務める、五輪に2度出場した元スピードスケート選手のアナスタシア・バクシスさん。停車している黒い車の窓から、柴犬がひょっこりと顔をのぞかせている。首輪をつけ、吠えるでもなく、暴れるでもなく外を見つめる姿がなんとも可愛らしい。移動中のバスからすれ違いざまに撮影した様子だ。

 投稿主のバクシスさんは来日後、コンビニおにぎりの開封に苦戦し、悲痛なツイートをして日本人の間でも話題に。後日、開封に成功したことを報告し、「日本の素晴らしい人々に感謝します。あなたは私を助けてくれました」とつづっていた。柴犬を見かけた今回の投稿にも、日本語で「日本が大好きです」と記載している。

 海外ユーザーからは「シバだ! 大好きだ」「素晴らしい映像」「この犬についてもっと知りたい」などとコメントが寄せられ、日本人からも「平和の象徴や〜」「柴犬しか勝たん」「こーゆーポスト癒される…」「こういった反応してもらえると嬉しい」「私もカナダが大好き」と反響が書き込まれている。(THE ANSWER編集部)