東京五輪・男子種目別鉄棒

 東京五輪は3日、体操・男子種目別鉄棒が行われ、19歳の橋本大輝(順大)が15.066点で金メダルを獲得した。今大会の金メダルは個人総合に続き2つ目。団体総合の銀と合わせ、メダルは3つ獲得したことになった。種目別鉄棒の金メダルは、日本人選手では1984年ロサンゼルス大会の森末慎二氏以来、37年ぶりの快挙。北園丈琉(徳洲会)は12.333点で6位だった。演技後には体操チームが「運営スタッフの皆様ありがとう。日本体操選手団一同」と横断幕を掲げ、運営サイドへの感謝を示した。

 日本勢は橋本と北園が登場したこの競技。4番目に登場した北園は12.333点と得点が伸びなかった。7番目に登場した橋本は、G難度のカッシーナ、E難度のコールマンと離れ技で美しく高さを出し、最後の着地もピタリと決めた。会場が大きな拍手に包まれる中、両腕を突き上げてガッツポーズ。15.066点を獲得し、この時点でトップに立った。

 最終演技者のドゥーロー(オランダ)が12.266点に終わり、橋本の金メダルが決定。周囲の選手と喜びを分かち合った。

 この後には村上茉愛ら日本選手団が、客席で「運営スタッフの皆様 ありがとう 体操競技 日本選手団一同」と書かれた日の丸の横断幕を掲げた。

 これにSNS上のファンも反応。「運営さんへのメッセージも、めっちゃ良いね」「いいシーンだった」「優しい気持ちになります」「このシーン、感涙してしまった私です」「日の丸掲げていたの泣ける」などと感動が広がっている。

【体操・種目別鉄棒 最終結果】

1位 橋本大輝(日本) 15.066
2位 ティン・スルビッチ(クロアチア) 14.900
3位 ニキータ・ナゴルニー(ROC) 14.533
4位 ブロディ・マローン(米国) 14.200
5位 タイソン・ブル(オーストラリア) 12.466
6位 北園丈琉(日本) 12.333
7位 バート・ドゥーロー(オランダ) 12.266
8位 ミラド・カリミ(カザフスタン) 11.266(THE ANSWER編集部)