種目別ゆかで銅メダルを獲得した25歳の知られざる競技人生

 東京五輪の体操女子種目別ゆかで銅メダルを獲得した村上茉愛(日体クラブ)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、知られざる競技人生について語った。中学2年、ゆかで全日本選手権優勝を達成しながら、以降は体重コントロールに苦しんだこと、本当は就職を考えて大学進学を選んだこと、何度も「辞めたい」と思っていたこと。24歳で迎えた東京五輪で輝くまでのストーリーを明かす。(取材・文=長島 恭子)

 ◇ ◇ ◇

「これ以上の出来はできないっていうくらい、すごくいい試合ができた」

 8月2日、東京五輪、女子種目別ゆか決勝。試合を終えた村上茉愛は、晴れやかな表情でインタビューに答えた。

「もちろん目指していた金メダルを獲れなかった悲しさはあります。だけど、この銅メダルにはいろんな意味が込められていて。1つはメダルを1個獲りたいという五輪を目指した頃からの自分の目標、2つ目は女子体操個人では日本初という歴史的な快挙。

 プラス、これまで積み重ねてきた体操人生のなかで、一番の演技ができたということ。もちろん、メダルの色は大切です。でも私は、それよりも中身を大事にして体操を続けてきた。だから、すごく価値のある銅メダルです」

 2歳から体操を始め、小6の時、ゆかで、シニアでもできる選手は少ないH難度「シリバス」を成功させた。中学生になると全国中学大会、さらにシニアの全日本選手権のゆかで日本一となる。

「中学で日本のトップの成績を残した頃から、『上を目指せるのかな?』と、世界を意識するようになりました。ゆかが得意だし、好きだし、世界で戦うのであればゆかを強くしていきたい、そして五輪でメダルを獲りたい、と思うようになりました」

 明星高(東京)2年時には世界選手権日本代表に選出され、種目別ゆかで4位入賞。早くも目標としていた世界の舞台を踏み、2015年、日体大へと入学する。

 ところが高校3年時に一転。それまでコントロールできていた体重が急激に増え、日体大生として初めて臨んだ全日本では21位と惨敗。リオ五輪のわずか1年前のことだった。

「一言でいうと甘えです。欲との戦いに疲れてしまった。私はもともと筋肉質で、なかなか体重が減らない体質。でも、体操選手ってすらっとしているイメージが強いので、小さい頃からずっと、体重、体重、と厳しく言われてきました。食欲と向き合うストレスが大きくて、大学に入る頃には面倒くさくなり、節制することを放棄してしまった」

 口では「世界」と発していたものの、体操に取り組む真剣さに欠けていたともいう。

大学に入学して村上の体操に対する姿勢は変わった【写真:荒川祐史】

最初は「いい仕事」に就きたくて欲しかった「とりあえず大卒」の経歴

「今となっては、どうしてそんな考えを持っていたのか? と思いますが、大学入学前に『そろそろ自分の体操のレベルが落ちてくるな』と考えていました。

 日体大に入学したのも、将来、いい仕事に就きたいならば、とりあえず大卒、と思っていたから(笑)。ちょうど、大学2年時がリオデジャネイロ五輪の年。リオ五輪に出場して、後の2年間、大学で体操を続けたら、もう競技は終わり、というイメージを持っていました。

 人に目標を聞かれれば『五輪を目指してます!』と答えてはいましたが、つまりそれほど本気ではなかった。東京五輪開催も決まっていたけれど、出場したい気持ちはなく、『東京でやるんだぁ』程度に捉えていました」

 体操選手としての当時の自分は「監督から言われることを、ただやっている感じ」。ふわふわとした気持ちは自ずと姿勢にも表れ、体操競技部の瀬尾京子監督からは幾度となく「体操に対する考え方、捉え方を変えなさい」と厳しい指導が飛んだ。

「『なぜ、体操をやっているのか? 何を目指しているのか? あなたを見ているとわからない』と、何回も何時間も何年も言われ続けました。監督に足りないところをズバズバと言われ続けるうちに、『私は何のために体操を続けているの? なぜ、大学に入ったんだっけ?』と、ちょっとずつ考えるようになった。

 そのうち、体操を辞められないのは、やっぱり好きだから、五輪でメダルを獲る目標があるからであり、大卒という学歴のためではないこと。今の自分は家族をはじめ、応援してくれる人たちを裏切る行為としていることにも気づけた。うちは5人兄弟と大家族なんですね。そんななか、ずっと体操を続けさせてくれている母にも、申し訳ないという気持ちになりました」

 体操に取り組む姿勢は「本当にちょっとずつ」(村上)変わっていった。気持ちが変わることで体操も変わっていき、結果、リオ大会の日本代表にも選ばれた。

「大学時代前半は今につながる土台作り。すべてのことに気づくまで、2年はかかりました。だから、リオ五輪に出場できたのも、運が、タイミングが、よかったからだと感じています。もちろん、自分の体で体操をしているので、自分の力で代表には入ったけれど、すごく運がよかった。掴み取った代表、掴み取ったメダルって、今回の東京大会のようなことを言うのだと感じます」

 その東京五輪。村上にとっての出発点は、リオ五輪での悔しさだった。団体総合で4位入賞したものの、個人総合は得意のゆかで着地を失敗し14位。種目別ゆかでも、ターンの失敗で7位に終わった。

「リオのゆかで悔しい演技をして、もうちょっと頑張ればよかったと、いろいろな後悔をしました。東京も目指せない年ではない。次はメダルを獲りたい。もうちょっと頑張ってみよう、と思うようになりました」

 4年後の東京大会では、24歳目前となる。体操選手としてはピークを過ぎたと言われる年齢だ。

一度は引退を決意したこともあったと語る村上【写真:荒川祐史】

五輪延期で切れた糸、何度も「体操を辞めたい」と考えた

「体は酷使しなければいけないし、きっといろんなものを犠牲にして取り組まなければいけないと覚悟しました。その覚悟ができたのも、リオ五輪の悔しさがあったからです」

 東京五輪に向けてばく進する村上は、翌年、全日本選手権の個人総合、NHK杯個人総合で優勝を決める。さらに世界選手権では、種目別ゆかで金メダルを獲得。「ゆかの村上」の存在感を世界に知らしめた。その後も結果を出し続ける村上に、「東京でメダル」の期待値はグッと上がった。

 ところが19年、腰を痛める。一時は歩くことも困難な状態となり、世界選手権の日本代表からも外れた。さらに昨年3月、世界に拡大する新型コロナウイルスの感染によって、東京五輪の1年の延期が決定。張り詰めていた糸がプツンと切れた。

「それまでもちょっとずつケガが続き、なかなか思うような練習もできないなか、腰を痛めて代表から外れました。この時、競技生活の節目が来たんだな、私のピークは終わったんだ、という気持ちになった」

 19〜21年の間、「体操を辞めたい。辞めた方がいい」と幾度となく考えた。一度は、引退を決意したこともあった。

「東京大会を目指してやってきたけれど、体操をやっている自分の2年後、3年後のイメージが浮かばなかったので、もう終わろう、と思いました。でも、お休みしている間に、本当にたくさんの方から、『演技が見たいからもう一回頑張ってほしい』と言われたことで、もう一回、五輪を目指そうと思うようになりました」

 その後も、自分よりも若い選手を側で見ながら、「あぁ、やっぱり私は年齢が上なんだな」と痛感する日々だった、という。

「まず、毎日調子がいいということがない。ちょっと試合で頑張ると、昔はさらに上にいけたのに、今は体に辛さをまとう。現実として若くはないんだ、と受け入れました。自分のなかでは、毎日動けている、若かった時のいいイメージがあります。昔は体操に限らず、私生活も発言も、若さと勢いでいけたけれど、この2年は経験で補ってきた。動けなくなると、心と体と頭と、毎日向き合いながら、いいイメージとすり合わせてきました」

 そして迎えた今年5月。東京五輪の代表選考を兼ねたNHK杯で、村上は3年ぶりに優勝。五輪代表の座を、今度こそ自ら掴み取った。

 一度は体操を諦めたところから復活し、銅メダルという結果を出したこの3年間。「体操で、一番下と上を味わった」と振り返る。

「ケガをして諦めそうになったし、辛い、辞めたい、と気持ちが逃げてしまい、練習ができなくなった時期もありました。それでも、結果を残せたのは、体操をやりたいという気持ち、そして最終的には、道の先にある『五輪』という目標が変わらなかったから。その道からブレないこと、貫き通したことが大事だったと思います」

 銅メダルを決めた演技のラスト。村上は、後方屈身2回宙返りを、高く、力強く、跳んだ。「ゆかの魅力は作品に、選手一人ひとりの個性、ストーリーを描けること」。ピタリと決まった着地。まさに、夢を掴んだ彼女の体操人生を語るような、フィナーレだ。

「ふだん愛用するシューズはアディダスの4DFWD。 『ソールの見た目がインパクトあって、みんなから可愛い!』と言われます。それに、軽くて、すごく歩きやすい。いろいろな大会での移動や試合でも演技以外のところでは必ず履いていました」【写真:荒川祐史】

■村上茉愛 / Mai Murakami

 日体クラブ所属。1996年生まれ、神奈川県出身。2歳から体操を始め、小学6年時で、シニア選手でも難しいといわれるH難度の「シリバス」を成功させる。10年、中学2年で全日本選手権種目別ゆかで初の日本一に。13年、初出場の世界選手権で女子種目別ゆか4位入賞。15年に日体大入学。16年リオ五輪では団体総合で4位入賞を果たし、翌17年、世界選手権種目別ゆかで優勝する。2019年4月、日体大卒業後、新設された日体クラブに所属。東京五輪では、女子団体総合で5位、女子個人総合で日本歴代最高の5位、種目別ゆかでは3位となり、日本女子種目別で史上初のメダルを獲得した。(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

長島 恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。