35歳のフェリックスがもらった新たなメダル「最高の金メダルよ」

 東京五輪の陸上女子400メートルで銅メダル、4×400メートルリレーで金メダルを獲得したアリソン・フェリックス(米国)がインスタグラムを更新。5度出場した五輪で計11個、うち7つの金メダルを獲得している35歳のレジェンドは、新たに金メダルを獲得した。実物をインスタグラムに公開し、「最もプライスレスで大切なメダルだね」と話題を集めている。

 五輪から2週間、フェリックスが新たな金メダルを獲得した。インスタグラムに投稿したのは3枚の写真。マスク姿で笑みを見せるフェリックス、その胸元に輝いているのは紙で作られたメダルだ。中央には金色の可愛い手形が押されている。その隣には娘のキャミーちゃんがおり、2枚目には愛娘から首にメダルをかけてもらう写真も掲載している。

 フェリックスは「最高の金メダルよ。キャミーが学校で“最高のママ金メダル”を作ってプレゼントしてくれた」と投稿。愛娘が母のために金メダルを手作りしたのだ。これには「ダメだ! 可愛すぎる!」「最もプライスレスで大切なメダルだね」「尊いわ」「なんて素敵な写真なの!」「とっても素敵!」「美しい!」「心が溶けちゃう!」「何にも代えがたいね」とコメントが殺到した。

 出産後も競技を続け、集大成となった東京五輪でも新たに2つのメダルを獲得した35歳のフェリックス。五輪と合わせて“8個目”になる金メダルは、ほかの7つとは比べようがない、特別なものになりそうだ。(THE ANSWER編集部)