東京パラリンピック・個人ロードタイムトライアルで優勝

 東京パラリンピックは31日、自転車・女子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C1〜3)が静岡・富士スピードウェイで開催され、50歳の杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)が25分55秒76で金メダルを獲得した。夏冬通じて日本勢最年長となる金メダル。SNS上の日本のファンからは「50歳で金メダルかっこよすぎる」「勇気もらえるなあ」などと反響が寄せられている。

 8キロのコースを選手が1人ずつ2周し、タイムを競う競技。50歳での金メダルは、96年アトランタ大会で柔道71キロ級を制した牛窪多喜男の46歳を上回る、日本最年長の記録となった。

 快挙を知ったツイッター上の日本人ユーザーも続々と反応。「50歳で金メダル!! ただただ凄い!!」「夢あるなぁ」「50歳で金メダルかっこよすぎる」「勇気もらえるなあ」「すごすぎる…おめでとうございます!」などと投稿が相次いでいる。

 静岡出身の杉浦は、45歳で出場した自転車の大会で転倒。高次脳機能障害と、右半身のまひが残った。パラ自転車競技を開始した17年、世界選手権タイムトライアルで優勝。翌18年世界選手権のロードレースも制している。(THE ANSWER編集部)